Googleフォトの使い方【iPhone・Android】

iPhoneなどのスマホやPCを使っていると気になるのが写真保存の容量だが、Googleフォトを使うことで容量無制限で写真を保存でき、ストレージ容量に悩まされることもなくなる。

そんなわけで、Googleフォトの使い方についてまとめてみた。

目次

Googleフォトとは?

Googleフォトは、2015年にGoogleが発表した画像の保存、共有サービスだ。もともとはSNSの「Google+」にあった機能をスピンアウトさせたものとなっている。

最大の特徴はなんと言っても、指定の設定をするだけで「容量無制限で写真を保存できる」ということだ。iPhoneなどのスマホが進化する度にカメラの解像度もあがるのだが、解像度が上がるということは写真自体の容量も上がる。

手軽にスマホで写真を撮ると端末にドンドン溜まっていき端末の容量が圧迫されるのだが、このGoogleフォトを使えばその問題から開放される。

もう一つの主な特徴として、簡単に共有ができるということだ。専用のURLが発行されて簡単に共有することができ、アプリをインストールしていない場合やPCでも閲覧・利用できる。

また、写真の加工や特にムービーなんかは選択した写真に対して音楽やムービースタイルのテーマを自動で選択してくれて、手軽に写真を楽しむことができる。

その他にもアップロードした写真を自動で判別して分類したり、人の顔の場合にはその人の関連付けられた写真がグルーピングされる。自動でムービーやショートストーリー、GIFアニメを作成してくれたりする。

大量にスマホで写真を撮る人、管理が面倒な人、カジュアルに写真を楽しみたい、共有したい人にお薦めのサービスだ。

なお容量無制限のサービスを利用すると画像の容量が圧縮されるが、よっぽどの高画質で取り扱う必要がなければ問題のないレベルとなっている。

アプリのダウンロード

iPhone向けのGoogleフォトアプリのダウンロードはこちらから行えるが、Androidの場合には予めプリインストールされているかと。ない場合にはアクセスしてダウンロード。

iPhoneアプリ

Androidアプリ

PCからの利用は下記のURLにアクセス。
https://photos.google.com/

Googleフォトの使い方

Googleフォトを使うには、Googleアカウントが必要なので持っていない人は、こちら。

アプリを初めて起動してまだログインしていない人は最初にこちらの記事をチェック。

なお、操作方法は基本的にiPhoneでの操作となるが、Androidでも一部の操作を除いては、ほぼできるようになっている。なので、同様の操作をしてもできない場合はAndroidは非対応となる。

サムネイル表示操作

画面をピンチイン・ピンチアウトするとサムネイルが拡大縮小されて、日別・月別・年別の表示切替えるをすることができる。

通常は下記のように程よいサムネイルサイズで表示してくれるが、画面をピンチインすることで月単位の表示に切り替わる。

日単位表示でピンチインを2回繰り返すと下記のように年単位表示に切り替わる。逆にピンチアウトで月単位表示に切り替わり、例えば下記の2017年10月を見たい場合は、その箇所をピンチアウトするとそこの箇所が拡大表示される。

日別・月別単位の一括選択

日付を長押しすることで、日別、月別に写真を一括選択することができ、選択後に表示されたメニューで共有やアルバムへの追加、削除が簡単にできる。左上の「☓」か日付左横のチェックアイコンをタップで選択の解除ができる。

写真を素早く複数枚選択

基本的に写真を長押しすれば選択状態になる。

選択された写真から右に指をドラッグすると複数枚を素早く選択することができる。また、右端までドラッグした状態で下にドラッグすると次の横1列を選択することができる。

画面スクロール操作

画面をスクロールしていると右サイドにスクロールバーが表示される(iPhoneのみ)。それをドラッグすると素早く画面をスクロールさせることができる。また、左下のフォトアイコンをタップすると、素早く画面の最上部まで移動することができる。

バックアップ(アップロード)

【初心者】Googleフォトのログイン・初期設定のやり方で述べたように、初期設定でバックアップと同期をデフォルトでオンにしていれば、WiFiにつながる環境であれば、自動でiPhoneで撮影した写真がクラウドにバックアップ(アップロード)される。

しかし、「バックアップと同期」をオンにしていなかったり、WiFi環境にいなかったりする場合は、手動でバックアップする必要がある。その方法を見てみよう。(なお、大量の写真や動画のバックアップはパケット通信料がそれなりに発生するので、基本的にはWiFi環境でのバックアップがお薦め)

バックアップしていない写真は、サムネイルの右下に「雲アイコン」が表示されるので長押し。

右上のサブメニューをタップし、表示されたメニューのバックアップを選択でバックアップが開始される。

未バックアップの写真は場合によっては、一箇所に並んでいない場合がある。その場合には、未バックアップの写真のみを表示させてバックアップする方法もある。

未バックアップの写真がある場合には、下記のようにクラウドアイコンが最上部右上に表示されているので、クラウドアイコンをタップ。

バックアップと同期ですの箇所をタップ。

すると未バックアップの写真一覧が表示されるので、選択をタップか写真を長押し

後はバックアップしたい写真を選択してバックアップ

写真を削除する方法

個人的には、不要な写真は削除して後で見返したい時に探しやすくしておきたいが、その写真を削除する方法。

まずは写真を長押しすると画面上部にゴミ箱アイコンが表示されるので、それをタップする。

削除の案内が表示されるので、削除を選択する。

端末の空き容量を増やす

Googleフォトの仕組みは以下のようになっており、GoogleフォトのアプリがiPhoneの写真にアクセスすることで、その写真をGoogle上のクラウドにバックアップすることができる。バックアップが完了した写真は、iPhoneの端末から削除することでiPhoneの空き容量を増やすことができる。その手順を見てみよう。

なお、既に写真をバックアップした状態で話を進める。

個別に空き容量を増やす方法

まずは、個別の写真を端末から削除する方法だ。写真を長押しし、右上のサブメニューをタップ、最後は表示されたメニューの元のファイルを端末から削除を選択。

案内が表示されたら、削除を選択。

一括で空き容量を増やす方法

次は、一括でやる方法だ。

まずは左上のサイドメニューをタップする。

サイドメニューの空き容量を増やすをタップする。

削除確認が表示されるので、削除を選択する。

今度は削除の許可を聞かれるので削除をタップする。

フォローする
カテゴリ:Google