インスタグラムのQRコードの作成・読み取り方法

インスタグラムは、友達を追加する方法の一つとしてネームタグというものを用意していたが、新たにQRコードでも追加できるように機能が追加されている。そのQRコードの出し方、読み取り方法を紹介。

QRコードの出し方

2通りのQRコードの表示方法があったが、インスタグラムの最新版では検索メニューからQRを表示する方法が廃止され、思わず「QRコードがない?」となるが、プロフィールのサブメニューから表示できるようになっている。

なお、iPhoneとAndroidでは、デザインの見た目が少し異なるが、同じ流れでQRコードの作成、読み取りができるようになっている。

サブメニューからQRコード表示

プロフィール画面の右上のサブメニューをタップ。

サブメニューが表示されたらQRコードを選択。Androidの場合にはサイドバーに表示される。

するとこのようにQRコードが表示される。

続いては、QRコードの読み取り方法

検索メニューからQRコード表示

インスタグラムの古いバージョンでは、検索アイコンのメニューからもQRコードを開けるようになっている。

画面下部の検索アイコン、右上の読み取りアイコンをタップ。

この画面が表示されたら、画面下部の自分の表示に戻るをタップ。

するとこのようにQRコードが表示される。

QRコードの読み取り方法

QRコードの読み取り方法だが、友だちが近くにいる、あるいは近くにいない場合でのやり方がある。

  • 近くにいる場合
    片方の人がQRコードを表示し、片方の人がそれを読み取る
  • 近くにいない、LINEなどで共有する場合
    自分のQRコード画像を共有し、それを読み取ってもらう

カメラでQRコードをスキャン

まずは、近くにいる場合の手順。

お互いにプロフィール画面の右上のサブメニューをタップ。

下記画面が表示されたら、下記の操作を行う。

  • 片方の人はQRコードを表示したままにする
  • もう片方の人は画面下部のQRコードをスキャンををタップ

そしたら、スキャンモードの人がスマホのカメラをもう片方の人のQRコードの上にかざして読み取る。

スキャンが成功するとこのように表示されるので、フォローするをタップで友だち追加できる。

LINEなどで読み取ってもらう

友達が近くにいない、LINEやメールなどで共有、HPに掲載して登録して貰う場合の手順。

プロフィール画面の右上のサブメニューをタップ。

サブメニューが表示されたらQRコードを選択。Androidの場合にはサイドバーに表示される。

次は右上の共有アイコンタップ。Androidの場合はデザインが少し異なるが同じように右上の位置にある。ちなみに、この画面をスクショして共有しても読み取ってもらうこともできる。

そうするとメールやLINE、ツイッター、Facebook、Gmailなどのアプリで共有してQRコードの画像を端末に保存してもらう。「画像を保存(Androidの場合にはドライブかフォトに保存)」で、保存してHPに掲載するか、紙や名刺などに印刷できる。

QRコードを保存してもらった相手に、今度はそのQRコードの画像をスキャンしてもらうので、プロフィール画面の右上のサブメニューをタップ。

サブメニューが表示されたらQRコードを選択。Androidの場合にはサイドバーに表示される。

今度は、画面下部のQRコードをスキャンを選択。

そしたら、右上のアイコンをタップして、保存したQRコードの画像を選択してもらう。

スキャンが成功するとこのように表示されるので、フォローするをタップで友だち追加できる。

QRコードの背景カスタマイズ

QRコードの画像を共有いしたい場合や、印刷、HPなどで公開したい場合には背景画像をカスタマイズすることで自分の独自のQRコードを作成することで個性が出すことができる。

画面をタップで色を変更でき、画面上部の文字タップで種類変更できる。

こちらは絵文字の背景。

セルフィーはインカメラで自分などを撮影して背景にできるが、自分を背景にするとか恥ずかしい人は、イラストや背景を撮ったほうがいいだろう。

初心者向け基本ガイド

ストーリー使い方ガイド

裏技・便利な活用方法

その他のエラー・退会など

シェアする

カテゴリ:
Instagram