アプリを使わずにインスタグラムのリポストで投稿をシェアする方法

ツイッターにはリツイートという機能があり、それを利用することで他のユーザーの面白い投稿をシェア(共有)・拡散させることが簡単にできるが、インスタグラムで他の人の投稿をシェアしたい場合、リポストという手順を踏む手順が必要だ。その手順の紹介。

関連 iPhoneのショートカットアプリでインスタグラムの画像を保存する方法

リポストとは?

ポストは英語の綴りでpostで「投稿する」の意味を持つが、このpostの接頭語に「re」が付いて「repost」となる。意味としては、再投稿という意味になり、他のユーザー投稿を共有・拡散させたい場合に利用する。インスタグラムではツイッターのリツイートに相当するのがこのリポストになる。

インスタグラムでリポストをする方法としては、公式のインスタグラムアプリ以外にサードパーティと呼ばれる非公式のアプリを使う方法もあるが、今回は公式アプリを使ったやり方を紹介。

リポストのやり方

まずはリポストしたい投稿を開いて、投稿された写真の下にある飛行機の共有アイコンをタップ。

続いては、ストーリーズに投稿を追加を選択。ちなみに「ストーリーズに投稿を追加」が表示されていない場合は、そのユーザーはプライバシー設定で非公開に設定しているのでできない。

そうするとストーリーの投稿画面に移動する。ここではスタンプや文字などを追加できるが、装飾する場合は写真やユーザーネームに掛からないよう装飾しよう。写真をタップすると表示方法が変わる。

写真を1回タップすると下記のように表示され、もう一度タップすると先程の表示に戻る。好きな表示方法が決まったら、ストーリーズをタップしてストーリーズに投稿する。

ストーリーズの投稿が終わってこの画面に戻ったら、自分のプロフィールアイコンをタップして再びストーリー画面に移動する。

そしたら先程投稿したストーリーの右下にあるその他のアイコンをタップ。

サブメニューが開いたら、投稿としてシェアを選択。

するといつものような投稿画面になるので、次へを選択。

あとは、コメントやリンクを貼ってタグ付けしてあげると、共有してもらえる方も嬉しいだろう。最後はシェアでリポストは完了。

実際にリポストされた画面だ。

リポスト時の注意

リポストは再投稿ということになるが、気をつけたいのがインスタグラムの投稿は基本的に写真を投稿することが前提なので、リポストは基本的に他者の写真を投稿することになる。仲の良い親しい友達ならともかく、他のユーザーの写真には著作権があるので、あたかも自分の投稿であるかのように加工して投稿したり、著作権やプライバシーを侵害しないようにしつつ、敬意を持ってリポストしたい。

SNSではこれによって炎上したり、訴えられるなんて事案もしばしばあるので気をつけたい。どうしても装飾したい場合は、写真やそのユーザーのユーザーネームに掛からないようにするといいだろう。

リポストで複数枚を投稿する方法

iPhoneならショートカットアプリを使って写真をダウンロードすることで、複数枚を通常の投稿と同じように行うことができるが、グレーなやり方なのでお薦めしないが、こんな方法もあるってことで。

ダウンロードした写真は自分が楽しむだけにとどめておこう。

初心者向け基本ガイド

ストーリー使い方ガイド

裏技・便利な活用方法

その他のエラー・退会など

シェアする

カテゴリ:
Instagram