テクノロジー・動画・写真・デザインとか

iPhoneの写真をさらに面白くする8つの方法

iPhonenに限らずスマホのカメラの進化には目をみはるものがあり、その撮影後の写真の美麗さは言うまでもないぐらいに綺麗になってきている。

綺麗に撮ったりアプリで加工するのも楽しいけど、今回はアプリではなく基本的な機能を応用したり、ちょっとした身近にある小道具を使ってそんなiPhoneの写真をもっと面白くする撮影する方法がYouTubeで公開されていたので、ちょういと紹介。

目次

  1. パノラマ・シークエンス
  2. パノラマドライブ撮影
  3. ズーム撮影
  4. マクロ撮影
  5. レフ板撮影
  6. セルフィー棒を使わないセルフィー撮影
  7. 水中撮影

1. パノラマ・シークエンス

まずは、パノラマシークエンス。
iPhoneのカメラに標準で搭載されているパノラマ機能を使ったもので、見ての通りまるでパノラマ写真内にPhotoShopで合成したように同じ人が数か所に様々なポーズをして立ったり座ったりしている写真だ。
iphoneの写真をさらに面白くする

実際のやり方は、パノラマ撮影でゆっくりと左から右にiPhoneを動かすわけだが、写真の枠内から被写体の人がいなくなったら、その被写体の人に急いでカメラマンの後ろを回り込んでもらう。
iPhoneでパノラマ写真撮影

実際の撮影風景はこんな感じ。写真の枠内から見えなくなったら被写体はカメラマンの後ろを回り込む感じ。なお、被写体が枠内からいなくなった後はゆっくりと動かすのがコツ。
iPhoneでの写真撮影テクを上げる!

2. パノラマドライブ撮影

パッと見、パナラマ写真とどこが違うのかが分からない。
長ーいパナラマ写真

実はドライブ中の車の中からパノラマ撮影したものだ。車に限らず、電車の中とか遊園地の乗り物とか、ディズニーランドやディズニーシーとかの乗り物に乗りながら、撮影すると面白いかもしれない。まー言うまでもないが、場合によっては危険なので注意が必要。
車の中からiPhoneで写真撮影

3. ズーム撮影

続いてはズーム撮影。iPhoneのズーム撮影は基本的に画像が荒くなって汚いだけなので、お薦めしない。道具を使うとこんな風にズームで綺麗に撮れる。
iPhoneでズーム撮影

道具に使用しているのは双眼鏡。果たして、どれだけの人が双眼鏡を持っているか分からないけど。
双眼鏡を使った撮影

「望遠レンズ マクロレンズ  ワイドレンズ  魚眼レンズ」がセットになったこれを買った方がさらに色々と楽しめそうな気がする。

4. マクロ撮影

このサンプルは美しくないけど、マクロ撮影。小さな生き物やら、小さな世界を接写して撮りたい場合。
iphoneでマクロ撮影

iPhone7では耐水性能が付いたので、ちょこんとカメラのレンズに水を垂らして撮影してみる感じ。
iphone7で撮ってみたい写真

5. レフ板撮影

カメラ撮影なんかではよくレフ板を使うが、光をうまくコントロールすることでまた違った写真が撮れるようになる。
サンプルだと、これがレフ板なし。
レフ板なし撮影

レフ板あり。下からも光があたり、違った雰囲気の写真になり、ポートレート撮影では実力を発揮する。
iPhoneでレフ板

でも実際には、レフ板ではなくて車の窓を太陽の光から守るサンシェードを使ったもの。これは車を持っている人ならわりとありそう。
車のサンシェードを使って撮影

6. セルフィー棒を使わないセルフィー撮影

この写真はセルフィー撮影によるものだが、セルフィー棒は使っていない。
セルフィー撮影

iPhoneを置くための台をDIYで作成、イヤホンをつないでイヤホンの「+」、又は「-」を押すと撮影ができる。後は好きな場所にiPhoneと台を置いて撮影するだけで、ちょっとしたセルフィーになる。
DIYな工作でiPhone写真を楽しむ

7. 水中撮影

半分は水中、半分は水の上という手軽にできるかもしれない水中撮影。
水の中からiphoneで写真撮影

やり方はコップの中にiPhoneを入れて撮影しているだけの手軽さで、ちょっとした面白いのができる。透明な水桶の中に着色水を入れてやるってのも面白いかも。
コップの中にiPhoneを入れる

8. 縦にパノラマ撮影

これは自分が思いついたアイデアだが、パノラマ撮影と言えば横向きに撮るっていうイメージが強いと思う。しかし、それを縦向きに撮ったらどうなる?ってのを実践してみた例だ。

やり方は地面に寝そべって、左から空、そして右に流れるような感じでパノラマ撮影をするだけだ。場所によっては決して人には見られたくない光景ではあるが、良い写真をするための姿って意外とマヌケな格好で撮ることもしばしばあるだろう。

基本的には空だけの背景だとつまらないので、いい感じの建物があれば、この撮影手法はうまくいくと意外に感動するんでぜひともトライしてみて欲しい。
iphoneで縦にパノラマ撮影

地面に寝そべりたくない場合は、回転雲台を横向にして使うっていうのもいいだろう。

1から7番までの撮影方法ははこちらの動画で確認できる。

カテゴリ:iPhone, 写真