Microsoft 365の解約方法

Microsoft 365で課金をしたけど、不要になった場合のMicrosoft 365の解約手順を覚書としてまとめてみた。

データのバックアップ

解約後は、管理者であれば90日間、利用したデータにアクセス可能だ。なので、解約する前に、Outlook、OneDrive for business、Yammer、SharePointなどのデータが必要な場合にはバックアップはとっておこう。詳細はMicrosoftの公式ページを参照。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/commerce/subscriptions/back-up-data-before-switching-plans?view=o365-worldwide

Microsoft 365の解約方法

まずは、下記のページにアクセスしてログインする。
https://admin.microsoft.com/Adminportal/Home?#/subscriptions

画面右下にサブスクリプションの取り消しというメニューがあるので、クリック。

解約の理由は必須なので、選択してサブスクリプションの取り消しをもう一度クリック。

関連記事

シェアする

カテゴリ:
Microsoft