Microsoft Edgeのテーマをダークモードに変更する方法

macOSではMojaveからテーマにダークモードが搭載され話題になったりしたが、Windowsにもダークモードは機能として利用できるようになっている。ダークモードは、黒を基調としてデザインとなっているが、目にも優しくスマホなどでは電池の消耗を約60%も抑えることができるという話もあり人気のテーマデザインとなっている。

Windowsをダークモードに変更してもMicrosoft Edgeは変わらず、手動で個別に変更する必要があるので、その手順の紹介。

関連 Windowsでダークモードを設定する方法

シェアする

目次

テーマをダークモードに変更する手順

なお、ここで紹介るのは最新版のMicrosoft Edgeを使ったやり方となっている。まだインストールしていない人は下記を参照。
最新Microsoft Edgeのダウンロード&インストール方法

アドレスバーからアクセス

一番手っ取り早くアクセスできるのは、下記のURLをEdgeのアドレスバーにコピペしてアクセスすること。
edge://settings/appearance

設定からアクセス

或いは、次の手順でアクセスする。
Microsoft Edgeを起動したら、右上の設定アイコンをクリック、表示されたメニューをスクロールして設定を選択。

今度は左サイドバーの設定メニュー外観を選択。

テーマの変更

上記のいずれかの方法でアクセスするとテーマの選択という項目があるのでダークを選択すればOK。基本的に変わるのはメニューバーやメニューなどのみで、Webページそのものはそのサイトの設定のデザインで表示される。なお、「ダーク」ではなく「システムの既定」を選択すれば、Windowsでダークモードを設定する方法で紹介したようにWindowsの設定に基づいて変更されるので、統一したい場合にはそちらがおすすめ。

フォローする
カテゴリ:Windows