Microsoft EdgeのIEモードの設定方法、やり方

Internet Explorer 11が廃止され、2022年6月15日をもってWindows10でサポートされなくなるが、Internet Explorerでしか利用できないWebサイトのページがある場合には、Microsoft EdgeのIEモードが機能できるようになってる。

Microsoft EdgeのIEモードとは何か、またIEモードの設定方法、やり方についてをまとめてみた。

IEモードとは?

Microsoft EdgeのIEモードとは、Webサイト上でInternet Explorerでしか利用できないページの場合に、Microsoft EdgeのInternet Explorerの互換性を持ったモードに切り替えることでアクセスできるようになる機能だ。

なお、このIEモードはWindowsのMicrosoft Edge専用の機能でMac版では利用できない。

IEモードの設定方法

IEモードの設定画面へのアクセスだが、下記のテキストをアドレスバーに貼り付けてアクセスするか、メニューからアクセスする。

edge://settings/defaultBrowser

メニューからアクセスする場合は、ブラウザの右上にある・・・をクリックし、表示されたメニューの設定をクリック。

左サイドバーのメニュー規定のブラウザをクリック。

規定のブラウザーの設定画面が表示されたら、「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」の設定項目で①許可に変更、すると②再起動というボタンが表示されるのでクリック。

IEモードへの切り替え

Microsoft Edgeを再起動したら、IEモードに切り替えたいページにアクセスし、ブラウザの右上の①・・・をクリックし、表示されたメニューの②Intternet Explorerモードでサイトの再読み込みするをクリック。

IEモードに切り替えると下記のように案内が表示されるが、今後はInternet Explorerでしか表示されないページは減ると考えられるので、セキュリティ上、常時IEモードでの表示設定は避けて特に設定は行わずに完了するといいだろう。

IEモードの終了

IEモードを終了するには、IEモード時にブラウザ上部に表示されるMicrosoft Edgeで開くをクリックするか、ブラウザ右上の「・・・」をクリックしてサブメニューの「Internet Explorerモードを終了する」をクリックで終了できる。

ツールバーからIEモードを切り替え

IEモードに切り替えると、ブラウザの上部に「ツールバーに表示」というメニューが表示されるが、これはブラウザのツールバーにIEモード切り替えのためのメニューが表示され、それをクリックするだけで素早くIEモードの切り替えができるようになる。

実際にやってみよう。IEモードに切り替えたらツールバーに表示をクリック。

クリックすると下図のようにアイコンが追加され、クリックでMicrosoft Edgeに切り替えが簡単にできる。

逆にIEモードに切り替えもアイコンをクリックするだけで簡単に切り替えができる。

Microsoft EdgeのIEモードに関する記事

シェアする

カテゴリ:
Microsoft