Microsoft Edgeのお気に入りのインポート・エクスポートのやり方

オープンソースのChromiumをベースにした新しいMicrosoft Edgeを新しくインストールした場合、初期設定時に他のブラウザからブックマークをインポートすれば、Microsoft Edgeのお気に入りに追加できるのだが、その時点でインポートしていない場合にインポートしたくなることもあるだろう。そのやり方をまとめてみた。

関連 Microsoft Edgeのお気に入りの追加・整理・削除・同期のやり方

シェアする

目次

ログインでお気に入りを同期

Microsoft Edgeでは、プロファイルにログインしておくことで、WindowsやMacなどのPCやiPhoneやAndroidなどのスマホでMicrosoft Edgeに同様にログインすれば、デバイスやプラットフォームを問わずに同じお気に入りを同期して使用することができる。なので、ログインしていない場合はすることをおすすめする。

プロファイルへのログイン手順だが、ブラウザの右上にあるプロフィールアイコンをクリックして、サインインを選択。

続いては、サインインしているアカウントを続行を選択。Microsoftのアカウントを持っていない場合は、マイクロソフトアカウントの作成方法を参考にして作成、サインインして貰えれば。

この画面が表示さたら同期を選択。これで準備は完了。

なお、同期内容を確認・修正したい場合には、下記のURLをブラウザのアドレスバーに貼り付けてアクセスすれば変更が可能だ。

edge://settings/profiles/sync

他のブラウザからお気に入りをインポート

まずは、他のブラウザからのお気に入りのインポート手順を見てみよう。他のブラウザからインポートするには予めそのブラウザを閉じておく必要があるので、開いている場合には閉じておこう。

お気に入りがまったくもって登録されていない場合には、下記のようにブラウザにお気に入りを今すぐインポートというメニューが表示されるので、それをクリック。

既にお気に入りを登録していて、上記のように「お気に入りを今すぐインポート」が表示されていない場合には、下記のURLをアドレスバーに貼り付けてインポート画面に移動する。

edge://settings/importData

続いて、この画面が表示されたら、インポート元元からブラウザを選択し、Chromeなどの場合には、使用していいるプロファイルを選択、お気に入りまたはブックマークにチェックがあることをチェックしてインポートをクリック。なお、自分が利用しないPCの場合などでセキュリティ的に問題がある場合には、「保存されたパスワード」のチェックは外しておこう。

HTMLファイルからお気に入りをインポート

続いては、エクスポートしたお気に入りのHTMLファイルをインポートする方法。既にエクスポートしたHTMLファイルがある前提で話を進める。

まずは、下記のURLをコピーしてMicrosoft Edgeのアドレスバーに貼り付けてインポート画面を表示させる。

edge://settings/importData

下記のように画面が表示されたら、インポート元をクリックしてお気に入りまたはブックマークのHTMLファイルを選択し、お気に入りまたはブックマークにチェックがあることを確認してファイルの選択をクリック。

そしたら、PCに保存してあるお気に入りのHTMLファイルを選択して、開くと選択すればインポートが開始される。

お気に入りのエクスポート

続いては、ブラウザにログインしていない、異なるプロファイルを利用しているなどの理由でお気に入りを同期、インポートできない場合に、お気に入りをエクスポートでHTMLファイルに出力したい場合のエクスポート手順。

まずは、お気に入りの編集画面を表示。下記のURLをEdgeのアドレスバーに貼り付けてアクセス。

edge://favorites/

アクセスしたら、サイドバーのお気に入りのエクスポートをクリックすれば、HTMLファイルに保存できる。

フォローする
カテゴリ:Windows