Microsoft Teamsでバーチャル背景を設定する方法

テレワークで需要が増えているビデオ通話会議だが、家にいると背景を変更したい場合もあるだろうが、Microsoft Teamsのビデオ通話での背景のやり方をまとめてみた。Snap CameraのVR(バーチャル)背景でのやり方も。

関連 Microsoft Teamsのチャットで複数人でグループ通話する方法【PC・スマホ】

シェアする

目次

背景を変更する方法

ビデオ通話の画面で、メニューバーを表示した状態でサブメニュー背景効果を表示するを選択。

背景の選択画面が表示されるので、気に入った背景画像を選択して適用をクリック。記事執筆時点では、自分の持っている画像をアップロードして反映はできない。

右下の画像のように背景が変わっているのが分かるかと。

Snap Cameraでバーチャル背景にする方法

上記画面の人物は女性っぽく見えるが、実は男だ。実際に女装をしているのではなく、Snap CameraのVR機能を使って変身、VR女装している感じだ。しかも顔や体の動きに合わせてリアルタイムでVRが動くから凄い。

Snap CameraはSNSアプリのSnapchatが提供しているPC向けのソフトウェアで、Webカメラの画面に写っている人の顔や背景に様々なレンズエフェクトを適用した状態でチャットができるようにしてくれる。なので、Microsoft Teamsの背景に物足りなさを感じたらSnap Cameraを使って遊ぶのもいいだろう。

なお、Snap Cameraを試す時は、Microsoft Teamsの背景は解除しておかないと、Snap Cameraの背景が適用されなくなる。

Snap Cameraのインストール

Snap Cameraのインストール前にMicrosoft Teamsのアプリは終了しておこう。Microsoft Teamsが起動しているとSnap Cameraインストール直後に認識できないからだ。

ソフトウェアのダウンロードは下記URLから。
https://snapcamera.snapchat.com/download/

アクセスしたらスクロールして、利用規約に同意、「私はロボットじゃありません」にチェックしてダウンロードすればOK。ダウンロードしたファイルをダブルクリックでインストール。

詳しいダウンロード・インストールのやり方はこちら。

背景の選択と確認

Snap Cameraのインストールが完了したら、アプリを起動。使い方はいたって簡単、気になったサンプルをクリックするだけ。顔の動きに合わせてレンズエフェクトが掛かったりするものもあれば、背景全体にもレンズエフェクトが掛かるものが色々とあるので、クリックして探してもらえれば。

背景を選択したら、Microsoft Teamsを起動。

成功すれば、このようにMicrosoft Teamsのビデオ通話での背景がこのように切り替わる。通話相手にSnap Cameraで選択した背景に切り替わる。自分の画面をクリックで、Microsoft Teamsの通常のカメラに切り替えができる。

表示できない場合の対処法

Snap Cameraを利用するためには、常時起動する必要があり、またリアルタイムでVRな描画処理をする必要があるので、PCのスペックによってはレンズエフェクトの処理がうまく表示できない場合もある。女装のレンズエフェクトなんかはそうだ。なので、他の軽そうなものに替える必要がある。

以下は、PCのスペックが問題がないのにも関わらずうまく表示できない場合の対処法。

冒頭でも述べたが、Snap Camaraのインストール前にMicrosoft Teamsを終了させておく必要がある。起動したままインストールした場合はMicrosoft Teamsを再起動すればOK。

上述のやり方でも駄目な場合は、デバイス設定を見てみよう。Microsoft Teamsのサブメニューからデバイスの設定を表示するを選択。

そしたら、カメラの項目までスクロールしてSnap Cameraを選択を試してもらえれば。

上記の場合でもだめな場合は、もう一度Snap Cameraをインストール。

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:Microsoft