Microsoft Teamsのチャットの使い方・グループメンバーの追加方法など

Microsoft Teamsはチャットを行いながら仕事をこなすためのビジネスチャットツールとして提供されているが、そのチャットの使い方についてちょいとまとめてみた。

関連 Microsoft Teamsのメンションとは?個人・全員・チャネルへのメンションのやり方

シェアする

目次

チャットの種類

チャットは、主に3種類のチャットがあり、チャットのコーナーで行う個人チャットとグループチャット、チーム内のチャネルで行うチャットがある。今回はチャットコーナーで1対1の個人、及びグループチャットをメインに紹介。

  1. チャットコーナーで行う1対1の個人チャット
  2. チャットコーナーで行うグループチャット
  3. チャネルで行うチャット

【スマホ】1対1でのメンバー追加方法

チームに既に他のユーザーを追加している前提で話を進めるが、チームにユーザー追加していない場合は、「ユーザーを招待」から追加してもらえれば。

アプリを起動したら、画面下部のチャットを選択して右上の投稿アイコンをタップ。(Androidの場合には右下)

「新しいチャット」という画面に移動するので、提案されている人をタップするか、宛先に名前を入力&検索して提案された人をタップ。

そしたら、メッセージを入力して投稿で個人チャットが開始される。

【スマホ】グループチャットの作り方

アプリを起動したら、画面下部のチャットを選択して右上の投稿アイコンをタップ。(Androidの場合には右下)

「新しいチャット」という画面に移動するので、提案されている人をタップするか、宛先に名前を入力&検索して提案された人をタップ。

グループチャットの場合には、チャットを開始せずにそのままさらに宛先欄に名前を入力して検索する。提案欄に表示されたら、それをタップ。さらに追加したい場合には同様の手順を繰り返す。

後はメッセージ入力して送信すればOK。

【スマホ】チャットの既読・コピー・転送・削除

スマホでのチャットで投稿したメッセージのコピーや転送・削除のやり方だが、まずはメッセージを長押し。

すると、リアクションや既読、コピー、転送、保存、編集、削除などのメニューが表示されるので、利用したいメニューを選択すればOK。既読は誰が見たのかを確認することができる。

【スマホ】ファイル削除

ファイルの削除も基本的に色部分を長押しすれば、サブメニューの削除メニューから削除できる。ただ、ファイル添付時にメッセージがないとタップできる範囲が狭いため、削除しづらかったりするので、頑張って色部分を長押しするか、PCから削除を。

【PC】チャットでの改行方法

Microsoft Teamsで初めてチャットを行う場合で戸惑うことの一つに、PCでの文字入力による改行だ。Enterキーを押すと改行ではなく、「送信」されてしまう。改行はShift + Enterキーだ。Enterキーで改行をしたいという人は下記の記事を参照。

【PC】1対1でのメンバー追加方法

PCの場合も、チームに既に他のユーザーを追加している前提で話を進める。

サイドメニューのチャットを選択した状態で、画面上部の検索欄からチャットしたい人の名前を検索し、候補が表示されたら選択。これで1対1の個人チャットができる。

【PC】グループチャットの作り方

サイドメニューのチャットを選択した状態で、画面上部の検索欄からチャットしたい人の名前を検索し、候補が表示されたら選択。

一人追加したら、今度は右上のメンバー追加アイコンをクリックし、ウィンドウが表示されたら名前を検索して、表示された候補を選択

更に追加したい場合は同様に検索し、終わったら追加でチャットグループのメンバー追加が完了する。

【PC】チャットの編集・削除

チャットや添付ファイルの編集や削除方法だが、チャットメッセージの上をマウスオーバーするとメニューが表示されるので、サブメニューをクリックすることで、編集や削除ができる。

Microsoft Teamsではマークダウンという記法が使える。興味はある人はこちら。

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:Microsoft