Microsoft Teamsのメンションとは?複数・全員・チャネルへのやり方

Microsoft Teamsを使い始めてみると見慣れない「メンション」というキーワードを目にすると思うが、メンションとは何かという解説と使い方などについてまとめてみた。

関連 Enterで送信されるMicrosoft Teamsの改行のやり方

メンションとは?

メンションは英語の「mention」のことで、「言及、言及する」などの意味を持つが、Microsoft Teams内におけるメンションとは、チームに参加している特定の個人やチームに参加している全員、あるいは特定のチャネルについて会話の通知を送って気づいてもらうための機能だ。

Microsoft Teamsは、チーム内のチャネルにおいてチャットをしながら仕事を進めるためのツールだが、業務で作業をしている場合、必ずしもそのチームに参加している全員が常にその会話を見ているとは限らない。

そこで、メンションを使うことによって特定の個人、あるいはチーム全員、あるいはチャネルに参加している全員に対して通知が直接届けられる。なので、必ず見て欲しい、急ぎの連絡をしたい場合などに使える機能だ。

特定の個人にメンションする方法

スマホでの手順

チーム内のチャネルにアクセスした状態で、新しい投稿を選択。

そしたら、キーボード上部の「@」をタップ名前を入力候補の個人を選択。なお、「@」をタップすれば候補が表示されるので、必ずしも名前を入力する必要はない。

後はメッセージを入力して投稿すればOK。これでメンションした相手に通知が直接届く。

PCでの手順

メッセージ欄に「@」と入力して、メンションしたい人の名前を入力。すると下記のように候補が表示されるので、選択。なお、使っていると「@」を入力するだけで候補が自動で表示されるようになる。

下記のように表示されたら、メッセージを入力して「Enter」キーでメンションによる投稿が完了。

ちなみに、メンションはメッセージのどこにでも挿入可能なので、下記のようにメッセージを書いた後にメンションを追加することも可能だ。

こんにちは。 @kaho

複数人にメンションする

特定の個人にメンションする場合は、一人だけではなく複数人に対しても同時にメンションができる。やり方は基本的に一人の場合と同じで「@名前」を続けて入力すればOK。なお、複数名を記入する場合はスペースを空けておこう。

@natsu @kaho

チーム全員にメンションする方法

チームに参加している全員にメンションする方法だが、これもメッセージ欄で頭に「@」を入力して@teamと入力すれば、チーム内の全員に対してメンションが送れる。ちなみに「@team」以外にも「@チーム」(日本語)「@Hep Hep!」のように「チーム名」でも同様に候補が表示される。

スマホで全員にメンションできない?

なお、記事執筆時点ではスマホアプリで「@team」と入力しても、チームが候補に表示されない。対処法としては、「@チーム」(日本語)や「@チーム名」を入力すればチーム候補が表示されて選択できるようになる。

チャネルにメンションする方法

チャネルも同様に@channelでメンションができる。また、「@チャネル」(日本語)「@一般」のように「チャネル名」と入力することでもチャネルの候補が表示される。

チーム全員へのメンション同様、記事執筆時点ではスマホアプリでは「@channel」と入力してもチャネルへのメンションができないので、「@チャネル」(日本語)か「@チャネル名」でメンションする必要がある。

他のチャネルへのメンション

チャネルは同じチーム内の他の公開チャネルであれば、例えば「一般」チャネルで「@デザイナー」のようにチャネル名を指定することで「デザイナー」チャネルへのメンションが可能となっている。

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:
Microsoft Teams