Enterで送信されるMicrosoft Teamsの改行のやり方

Microsoft Teamsを初めて使う場合で、恐らく殆どの人がPCのチャットなどで改行をする方法に戸惑うだろう。文字入力後にEnterキーを押すとメッセージが送信されてしまうからだ。そんなわけで、Microsoft Teamsでの改行方法と便利な技をちょいとまとめてみた。

設定で改行の変更はできない

設定で改行のやり方を変更できるのでは?と思った人もいるだろうが、自分も調べた限りでは残念ながら記事執筆時点では変更ができない。できないが、通常のやり方と代替案もちょいと紹介。

通常の改行のやり方

改行のやり方だが、キーボードのShiftキーを押しながらEnterキーで改行ができるようになっている。

Shift + Enter

Macでの改行方法

Macも基本的にShift + Enterで改行ができるようになっている。

Enterで改行する方法

Microsoft Teamsは、PCではデスクトップアプリとブラウザのWebアプリで使えるが、いずれも便利なショートカットが用意されている。それを活用することで、代替案としての改行のやり方を変更することができ、キーボードショートカット派には便利な使い方もできるようになる。

メッセージボックスを展開

まずは、デスクトップアプリ、またはWebアプリのウィンドウがアクティブな状態で、キーボードのCを押すと、メッセージボックスにカーソルが自動でフォーカスされ、すぐに入力できる状態になる。(もちろん、マウスでクリックしてもOK)

メッセージボックスが展開される。

メッセージボックスにカーソルがフォーカスされている状態で、左下の書式設定アイコンをクリックでメッセージボックスが下記のように展開される。入力文字数が多い場合には、全体を把握しやすくなる。展開されたメッセージボックスを戻すにはもう一度上記のショートカットか、書式設定アイコンクリックで戻れる。

メッセージボックスにカーソルがフォーカスされている状態で、ショートカットを使ってもメッセージボックスが展開される。

Windows 「Ctrl + Shift + X」
Mac 「Command + Shift + X」

メッセージボックス展開時はEnterで改行

メッセージボックスが展開されている状態であれば、Enterキーで改行ができるようになる。

メッセージの送信

メッセージボックスが展開されている状態でのメッセージ送信方法だが、送信ボタンをクリックするか下記のショートカットで送信することができる。

Windows 「Ctrl + Enter」
Mac 「Command + Enter」

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:Microsoft Teams