Microsoft Teamsのホワイトボードの使い方

Microsoft Teamsでのビデオ会議の中で使えるホワイトボードの使い方についてまとめてみた。

ホワイトボードの機能と特徴

リアルタイムでコラボ

Microsoft Teamsのホワイトボードは、リアルのホワイトボードと同じように、画面に自由に様々なものを描けるツールとなっている。そして、そのホワイトボードは、リアルタイムでコラボできるようになっており、複数人でホワイトボードに対して何かを描くと、それがリアルタイムで参加している人に対して表示されるようになっている。

また、PCだけではなくスマホからも利用できるようになっており、無料版でも使用できる。

PCから利用開始する必要がある

先程、PCとスマホで利用できると述べたが、記事執筆時点では、ホワイトボードはPCから利用を開始しないとスマホでは利用できないようになっている。

チームのビデオ会議の中でしか使えない

Microsoft Teamsでは、チームの中で行うビデオ会議とは別に個人的なチャットの中でビデオ通話が行えるが、ホワイトボードはチーム内のビデオ会議でしか使えない。ビデオ会議についてはこちら。

使い方

使い方をみてみよう。なお、PCでのやり方を紹介しているが、ホワイトボードの操作自体はスマホでもほぼ同じとなっている。

ホワイトボードの起動

チームのビデオ会議アイコンをクリック。

今すぐ会議をクリック。

メニューバーの共有アイコンをクリック。

すると右側サイドにMicrosoft Whiteboardという項目があるので、それをクリック。

画面解説

PC版向けとなるが、非常にシンプルな機能となっている。

  1. 画面をドラッグして移動
  2. 黒、赤、緑、青の色を選択してペンツールで描ける
  3. 消しゴムツールは、一筆で描いた線をクリックで削除できる
  4. クリックで利用中のホワイトボードのURLをコピーして共有できる
  5. 設定メニュー

画像の保存

上記画面の⑤をクリックすると設定メニューが表示され、画像(SVG)のエクスポートを選択で保存できる。なお、メニュークリックしても特に何も反応がないが、PCの「ダウンロード」フォルダに保存される。

ホワイトボードが表示されない場合の対処法

Microsoft Teamsでホワイトボードを使おうと共有アイコンをクリックしてみたものの、ホワイトボードが表示されないということに直面する人もいることだろうが、単に表示されるまで時間がかかる場合がある。また、Wi-Fiを使用している場合には、電波の良い場所で接続するようにしたい。

テキスト入力はできない

記事執筆時点では、Microsoft Teamsのホワイトボードの機能は凄くシンプルなものになっていて、手書きによる文字を描くことは可能だが、キーボードから文字を追加入力することはできない。テキストを入力したい場合には、Microsoft Teamsと連携できる高機能なマイクロソフト・ホワイトボードという別アプリを使う必要がある。

WindowsアプリiPhoneアプリ

マイクロソフト・ホワイトボードがインストールされていれば下記のような画面が表示されるので、「アプリを開く」を選択すれば自動で起動して連携できる。なお、スマホではMicrosoft Teams無料版では問題なく開けたが、Windows版では単独では使用できるが、Microsoft Teamsと連携するには有料版じゃないと接続できないっぽい。

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:
Microsoft Teams