テクノロジー・動画・写真・デザインとか

ライフシーンのワンシーンを切り取ったミニフィギュア作品「Disparity」

以前に紹介した針金によるライフシーンの一部を切り出した記事を紹介したが、これもちょいちょいとアクセスがあったので、今回は似たようなミニフィギュアの世界を紹介しよう。

Christopher Boffoliは、ライター、フォトグラファー、フィルムメーカー、アーティストという多才な才能の持ち主。

そんな彼が手がけた作品「Disparity」。
食品とミニフィギュアを使ってライフシーンのワンシーンを切り取ったような世界を表現しており、まるでそこに一つのストーリーが垣間見えるような世界観になっている。

ミニフィギュアと言っても、物凄く小さい。
指の一関節サイズぐらいの大きさで、まるで自分がガリバーにでもなったような気にさせてくれる。

ソフトクリームの上でゴルフ、甘いショットが飛びそうだ。
ソフトクリームの上でゴルフ

続きを読む

これは中々いい、割れた卵を覗き込む作業員のお兄さんたち。
割れた卵を覗き込む作業員のお兄さんたち

ミルクの海、溺れたら乳臭くなりそうだ。
ミルクの海

スキューバは碧い海でやりたいものだが、ここには財宝を探しに行く感が漂う。
スキューバは碧い海でやりたい

これもいい、ファーストフードの食い過ぎに警鐘を鳴らしている感がある。
ファーストフードの食い過ぎに警鐘

このシリーズはどうやら本になるようで、出版されるのが楽しみだ。
もっと見たい人はこちら。
http://bigappetites.net/
Photos(C)Christopher Boffoli