マネーフォワード・クラウド経費を連携して給与にインポートする方法

クラウド会計サービスとしてマネーフォワードを使用しているが、その中のクラウド経費と給与を管理するためのサービスがある。それを活用することで、立て替えた経費を給与と連携してインポートし、それを給与に反映、さらにはそれを会計の仕訳に登録することができるようになっている。

そして、頻繁に操作して作業をするわけではないので、やり方をついつい忘れてしまって公式のマニュアルを見ても文字ばかりで分かりづらい。そんなわけで備忘録的に画像を使って手順をまとめてみた。

連携の準備

なお、主に連携部分のやり方となるので、予め下記の作業を済ませておく必要がある。

  • マネーフォワード・クラウド給与と経費で、事業者番号が同一にしておく
  • マネーフォワード・クラウド給与側の従業員情報の「従業員コード」「氏名」と、クラウド経費側の管理設定の従業員一覧「従業員番号」「氏名」と一致させておく
  • マネーフォワード・クラウド給与側で、基本設定>支給項目>立替経費を有効にしておく
  • マネーフォワード・クラウド経費の登録、申請、承認を済ませておく

参照

クラウド経費で集計(支払処理)をして連携する

マネーフォワード・クラウド経費の集計(支払処理)にアクセス。

メニューからアクセスする場合には、経理業務の①経費精算②集計(支払処理)とアクセスして、③新規集計(支払処理)作成をクリック。

次は、タイトルを入力支払日の選択連携したいデータにチェックを入れて、登録するをクリック。

クラウド給与に立替経費をインポート

次は、クラウド給与の給与計算にアクセス。

そしたら、右上のメニューからマネーフォワードクラウド経費から立替経費をインポートを選択。

先程の集計した経費にチェックを入れて、インポートをクリック。

完了すると立替経費の欄に金額が表示されるので、あとは画面右上の確定処理をクリックして完了。クラウド会計と連携するには、「自動で仕訳」、「給与から入力」を選択すればOK。

シェアする

カテゴリ:
IT・Webサービス