テクノロジー・動画・写真・デザインとか

男心をくすぐる二つ折り財布Neu INTERESSE Saal

長年使ってきた財布がその寿命を迎えたので、新しい財布を購入しようと新宿のファッションショップやデパートを徘徊して、良さそうなのはないかと色々と物色してみた。

寿命を迎えた財布は外側が黒、中は赤に近い小豆っぽい色のツートンカラーの二つ折り財布だったが、色合い的には好きだった。最近の自分の中にあるデザイン・カラーのマイブームとして、アクセントに赤を取り入れたものを好んでいる。

今更言うまでもないが、赤色と言えば「活力・情熱・興奮」などの心理的イメージはもとより、食欲や性欲といった動物の本能的なエネルギーを高める心理作用もあるが、それを取り入れることでやはり常にエネルギッシュにアクティブでありたいと思う自分がいるのは間違いない。

そんな心理的状況もあってか、やはり頭の中にはその色のカラーをイメージしながら物色していたのだが、ふと目に入ったのがNeu INTERESSE(ノイインテレッセ)というブランドの財布だ。

Neu INTERESSEの財布Saal

これまではカウレザー(牛革)かコードバン(馬革)のような表面がシンプルでツルッとした財布を使うことが多かったが、メッシュのようなデザインとメインカラーが黒でポイントに赤色を使っているこのNeu INTERESSE Saalが目に入った。

「Neu INTERESSE (ノイインテレッセ)」とはドイツ語で「新しい興味」という意味を持つが、なかなかにそそられる目新しさとして「モーターカルチャーとファッションを融合」したブランドであることに興味が湧き起こされた。

見てもらうと分かるのだが、表面のデザインはまるで車のステアリングのような仕上がりになっていて、実際に車のステアリング用として開発されたハイブリッドレザーを使用している。ナンバープレートを彷彿させるようなロゴプレートが施されている。今は車に乗る機会は多くないが、それでもやはり男の中に刻まれたDNAが、その財布を触った瞬間にそのワクワク感を呼び覚ましてくれる。
メンズ用の二つ折り財布

内側は風合いが楽しめ耐久性の高いフルグレインレザーが使われている。表面とは違った触り心地があり、2つの感触が楽しめるというわけだ。また、札入れの箇所には赤のラインが仕切りとして入っており、まるで自分の内なる情熱を静かに表してくれているようだ。
フルグレインレザーを使用した財布

クレジットカードなどを入れる箇所は、ホールド感があり多くのカードを収納できるような作りにはなっていないので、たくさんカードを入れたい人には向かない。どちらかというと必要最低限のカードを収納し、厚みを持たないスマートでスポーティな財布を使いたい人にお薦めだ。
Neu INTERESSE Saalのカード入れ

真上から見たNeu INTERESSE Saalだが、一つ気になるポイントがあるとしたら、日本のお札を入れると少しスペースがあり余っていることだ。それでは海外のお札向けにデザインされたのか?と思って、旅行などで余ったドル紙幣などを確認してみたが、日本の紙幣とさほど長さは変わらない。意図は分からないが、そのようなデザインになっているのであろうし、自分はさほど気にしていないし、ズボンの後ろポケットにも問題なく収まっている。
真上から見たノイインテレッセ・サール

カテゴリ:ファッション