テクノロジー・動画・写真・デザインとか

OneDriveをダウンロード・インストールする方法【Windows・Mac】

マイクロソフトが提供するオンラインストレージサービスOneDrive。マイクロソフトのアカウントさえ持っていれば、無料で5GBが利用できる。Windowsであれば、初期でデスクトップアプリケーションとしてインストールされているが、Macの場合には個別にインストールする必要がある。

また、Windowsの場合にでもアンインストールした人で再インストールしたい場合の手順も紹介。

関連 OneDriveのログイン(サインイン)方法

目次

【Windows】インストール手順

【Windows】OneDriveのダウンロード

ブラウザでここにアクセス。
https://onedrive.live.com/about/ja-JP/download/

ここをクリックしてダウンロードしてください。のリンクをクリック。
Windows版OneDriveをダウンロード

【Windows】OneDriveのインストール

OneDriveSetup.exeというファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックしてインストールを開始する。

プログラムファイルの実行確認が表示されるので、実行をクリック。
WindowsにOneDriveの実行確認

インストールをしばらく待つと特に何もする必要がなく、インストールが完了する。
WindowsへのOneDriveのインストール

ログインをについてはこちらを参考に。

【Mac】インストール手順

【Mac】OneDriveのダウンロード

まずはブラウザでここにアクセス。
https://onedrive.live.com/about/ja-JP/download/

上記のページにアクセスすると自動でMacのデバイスが判別され、ダウンロードボタンをクリックするだけで専用のインストーラーファイルをダウンロードできるようになっている。
Mac用OneDriveのダウンロード

【Mac】OneDriveのインストール

ダウンロードするとOneDrive.pkgというファイルが保存されるので、それをダブルクリックしてインストールを開始する。

画面が表示されたら、続けるをクリック。
MacにOneDriveをインストール開始

インストール先の確認だが、そのままインストールをクリック。
MacにOneDriveをインストール

管理者権限でのインストール確認画面が表示されるので、パスワードを入力してソフトウェアをインストールをクリックで開始される。少し待てばインストールが完了する。
管理者のパスワード

OneDriveへのログイン

OneDriveを利用するには、マイクロソフトのアカウントが必要だが、持っていない場合は予め取得しておく必要がある。下記を参考に。

インストールが完了したら下記のいずれかの方法でOneDriveを起動。

  1. LaunchpadからOneDriveアイコンをクリック
  2. FinderのアプリケーションフォルダからOneDriveアイコンをクリック
  3. Spotlight検索でOneDriveを起動

初めて起動した場合は、ログインが必要になるのでマイクロソフトのアカウント用メールアドレスを入力してサインインする。
MacのOneDriveにサインイン

続いてパスワードの入力。
MacのOneDriveのパスワード

OneDriveの利用場所が表示されるので、変更したい場合は「場所の変更」で指定。終わったら次へ
MacのOneDriveの使用場所

同期内容のチェック。無料の場合は5GBまでしか利用できないので、全て同期したくない場合は個別にチェックをするといいだろう。
MacのOneDrive内のファイルの同期設定

これで一通りの準備は完了だ。フォルダを開いて、試しに何かを放り込んでWebに同期されるか確認してみるといだろう。

スマホ用OneDriveのインストール

iPhone、Androidのアプリはそれぞれ下記からダウンロードして、インストールすればOK。
iPhoneアプリ

Androidアプリ

その他の使い方

それ以外の使い方についてはこちら。

カテゴリ:Mac, Windows