フォトグラファーBEN THOMASの独特のティルトシフト写真が面白い

近所のバーに久々に行ったら、ふと見覚えのある顔がいた。
ジェームス、だいぶ前に店の常連と一緒に飲んだことがある人物で、向こうもこちらを覚えていたようだ。

ジェームスは一緒にいたフォトグラファーBEN THOMASについて紹介してくれ、写真までくれた。

BEN THOMASは、1981年のオーストラリアのアデレードに生まれインターナショナル・デザイン・エフェクト&アニメーション・デザイン学校を卒業後、フォトグラファーとして活躍している。

BENの作品は、世界中で展示され、多数の刊行物も発行している。
また、BENは写真をミニチュア風に見せる手法として人気のあるティルトシフトのパイオニアの一人と考えられており、Adobeインターナショナルにフィーチャー、及びACMPプロジェクション2008のベストフォトグラファーにも選出されている。

さて、BENのティルトシフトの写真を見てみると、面白いことに合成が行われているのだが、これがなかなか面白い。
風景の一部を切り取り、逆さまにしたものを綺麗に合成しており、まるで虚構空間にいるかのような錯覚になりそうな写真に仕上がている。

BENは、ティルトシフト写真用のアルバム撮影で現在、東京に来ていて、ヘリコプターによる空撮も予定しているとか。
以下の写真は、実際に貰った写真だ。

Ben Thomasの作品は彼のサイトでも見ることができる。
http://benthomas.co/

インスタグラム(@___benthomas)でも作品を投稿しているのでチェックしてみるといいだろう。

フォローする
カテゴリ:写真