PhotoshopでCamera Rawフィルターが使えない場合の対処法

PhotoshopでCamera Rawフィルターを使おうとしたら、「操作を完了できませんんでした」と表示されてフィルターが使えなかった場合の対処法。

シェアする

目次

エラーが出た環境

Photoshop CC 2019
macOS Mojave ver 10.14.16

上記の環境でPhotoshopのメニュー「フィルター」、「Camera Rawフィルター」と選択しても下記のように「操作を完了できませんんでした」と表示されてしまう。

同様に「プラグインについて」、「Camera Raw」と選択しても、うんともすんとも言わないし、rawファイルをPhotoshopで開こうとするとPhotoshopが落ちるという。

Googleで色々と検索して、Camera Raw プラグインのインストーラーしてみたり、Photoshopの再インストールを繰り返してみたりするも、うまくいかない。

対処法

そんで、直感で色々と探ってたら対処できたのでその手順。

まずは、Adobe Creative CloudPhotoshopをアンインストール

アンインストールできたら、FinderのアプリケーションフォルダにPhotoshopがないかを確認。ある場合は手動でゴミ箱に捨てる。

非表示ファイルやフォルダが表示されていない場合は、command + shift + .(ドット)で表示させる。

次に、Finderで下記のディレクトリまでまで移動する。usernameは自分の利用しているユーザー名。
/Users/username/Library/Application Support/Adobe
(日本語の場合↓)
/ユーザ/username/ライブラリ/Application Support/Adobe

移動したら、Adobe Photoshop CC 2019CameraRawのフォルダを選択して削除する。

削除したらMacを再起動して、Adobe Creative Cloudを起動しPhotoshopをインストール

これでCamera Rawフィルターがきちんと起動できたり、rawファイルを開くと落ちるエラーも解消された。

フォローする