テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Googleカレンダーの共有方法

色々と便利なGoogleカレンダーは個人で使うのもいいが、会社やサークル、家族など様々なグループでも共有して使うことができるようになっている。そんなわけで、Googleカレンダーの共有方法についてちょいと紹介。

目次

特定の人とカレンダーを共有

手軽に共有できる方保として特定の人とカレンダーを共有する方法があるが、これは基本的に共有する相手もGoogleアカウントが必要になり、持っていない人にはリンク先の使い方を見てもらいながら作成して貰う必要がある。

やり方自体は凄く簡単で、画面左にあるマイカレンダーの共有したカレンダーの右横にあるプルダウンメニューから「このカレンダーを共有」を選択。
「このカレンダーを共有」を選択

すると、共有したい相手の情報を入力する画面に移動するのでユーザーのメアド、権限の設定をしたら「ユーザーを追加」クリック。これでユーザーが追加でき、同様の手順で複数の人と共有できるようになっている。

なお、権限設定については基本的に「閲覧権限(すべての予定の詳細)」でいいだろうが、例えば仕事上や家族などで「予定の変更権限」や「変更および共有の管理権限」をの権限を与えても問題ない場合にはそれに変更するといいだろう。
終わったら「保存」で作業が完了する。
共有するユーザーの設定

共有された相手は、こんな感じで「他のカレンダー」に表示され、プルダウンメニューの「カレンダー設定」から名前を変更することができるようになっている。
受け取ったユーザー

不特定多数の人にカレンダーを一般共有

例えば、サークルや勉強会など、身内などの特定な人ではなくWeb上で公開して様々な人と共有したい場合やGoogleアカウントを持っていない人との共有手順。

不特定多数に共有したい場合は、新たにマイカレンダーに専用のカレンダーを作成しよう。マイカレンダーのプルダウンメニューから「新しいカレンダーを作成」をクリック。
新しいカレンダーを作成

そしたら「カレンダー名」を入力して「このカレンダーを一般公開する」にチェックを入れ、最後に「カレンダーを作成」をクリック。
カレンダーを一般公開する

イベントや予定を作成する時は、忘れずに新しく作成したカレンダーを選ぶようにする。
カレンダーの選択を忘れずに

HTMLでの共有

Googleアカウントを持っていない人には、HTMLで直接共有することができる。まずはプルダウンメニューから「カレンダー設定」を選択。
カレンダー設定を選択

HPなどのWebサイトを持っている人はコードをコピーして貼り付けることでWeb上でもIFRAMEの要素として共有公開することができる。

今回は、HTMLでの公開をしてみるので「HTML」をクリック。
HTMLを選択

するとこんなURLの案内が表示されるのでそれを送ればOK。PCはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマホからでも見れるようになっている。
HTML用のカレンダーURLをコピー

ICALでiPhoneにインポート

上記のHTMLでの共有もあるが、ICALを使うことでiPhoneのカレンダーに組み込むことも簡単だ。
「ICAL」をクリック。
ICAL

同様にURLが表示されるので、これをコピーしてメールなどで共有。
ICAL用のURLを共有

実際にどんな感じか見てみると、ICALのURLをiPhoneのメールで受け取りそれをタップ。
iPhoneに共有カレンダーのURLを送信

するとカレンダーに取り込まれるので「イベントを表示」をタップ。
イベントを表示

するとこんな感じでiPhoneのカレンダーで確認することができる。この共有カレンダーを削除するにはiPhone設定の「メール/連絡先/カレンダー」の「アカウント」にアクセスで該当のカレンダーを削除できる。
共有されたカレンダー

カテゴリ:Google