テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Googleマップでマイマップを作成して共有する方法

2014年2月に、1年のプレビュー期間を経て「新しいGoogleマップ」がデフォルトになったのだが、そんな新しいGoogleマップのマイマップという機能を使って作成&共有方法についてちょいとまとめてみた。

目次

マイマップとは?

マイマップとは、Googleマップのマイプレイス機能の中に含まれる一つで、例えば、自分が食べ歩きした、あるいはこれから回りたいレストランなどのグルメマップや、スキーのゲレンデマップなど自分独自のマップ集を作成して自分で利用するのはもちろん、共有することもできるようになっている。

Googleアカウントでのログインが必要

Googleマップを作成共有するには、予めGoogleアカウントでログインしておく必要がある。共有されたGoogleマップの閲覧には、アクセス権限によって共有された相手はログインの要・不要の場合がある。

また、作成にはPC及び、iPhoneやAndroidなどのスマホのブラウザからとなっているが、スマホブラウザでの作成は使いづらいのでお薦めしない。なので基本的にここでの作成についてはPCでのやり方との紹介となる。

なお、iPhoneやAndroidのGoogleマップアプリでのマイマップは閲覧のみとなっている。

マイマップにアクセス

マイマップへのアクセスはこちら。
https://www.google.com/mymaps/

通常のGoogleマップからアクセスした場合は、下記の手順でも同様にアクセス可能だ。

メニューアイコンのクリック。
Googleマップのメニューをクリック

開かれたメニューの「マイプレイス」を選択。
Googleマップのマイプレイスを選択

そしたら、マイプレイスの「マイマップ」タブをクリックして、「マイマップをすべて見る」を選択。すぐに作成したい場合には、「地図を作成」でも構わない。
マイマップにアクセス

マイマップの作成

マイマップの画面に移動したら、「新しい地図を作成」をクリック。ブラウザのサイズによっては画面右下に赤丸のアイコンが表示されているので、その場合にはそれをクリック。
マイマップの新規作成

作成を選択すると地図のタイトルとレイヤ入力作成画面に変わる。
地図のタイトルは、例えば「グルメ」などのような地図名を入力し、レイヤには例えばグルメの「タイ料理」と入力する。レイヤは追加可能で、「ラーメン」、「カレー料理」などと追加することが可能で、カテゴリみたいなものだと思えばいいだろう。レイヤ自体は表示を切り替えることで登録した場所を簡単に探すことができるようになっている。
地図名とレイヤ名を入力

続いて店や場所の追加手順は以下の通りで、追加するとマーカーが表示される。

  1. 検索欄にキーワード、店名、住所等を入力して検索
  2. 検索結果の該当のマーカーをクリック
  3. 「地図に追加」をクリック

マイマップの地図に追加する手順

「レイヤを追加」で複数レイヤを追加してある場合には、空白部分をクリックすると青いラインが表示され、そこが選択状態なったことを示し、「地図に追加」をクリックするとそこのレイヤに追加される。ちなみに、レイヤ名の箇所をドラッグして順番の並び替えができる。
マイマップの複数レイヤ

同様の手順で複数追加することが可能だが、大量に追加したい場合は、後ほど紹介するGoogleスプレッドシートなどを使うといいだろう。

地図マーカーの削除

レイヤに追加した地図マーカーの削除は、レイヤに追加したマーカーをクリックして表示された案内ウィンドウのゴミ箱アイコンをクリック。
地図マーカーの削除

マーカーのタイトルとメモ

追加した地図マーカーは、編集アイコンからタイトルの変更とメモを登録することができ、スマホでも表示できるので、特に旅行時に必要なものをメモっておくと役に立つ。メモは「Shfit + Enter」で改行ができる。
マーカーのタイトルとメモ

マイマップの共有方法

後は、マイマップの共有だ、まずは、共有をクリック。
Googleマップのマイマップの共有

そしたらアクセスできるユーザーの「変更」をクリック。
マイマップにアクセスできるユーザーの権限設定

次は共有する相手を選択。ウェブ上で一般公開、リンクを知っている全員、特定のユーザーの3つの選択肢があり、Googleアカウントなんかを持っていないけど、知り合いだけにとどめたい場合は「リンクを知っている全員」に設定するのがいいだろう。特定のユーザーの場合はメールで送信する必要があり、なおかつ相手がGoogleアカウントを持っていないとアクセスできないが、セキュリティが高い。アクセス権については、不特定の人たちがアクセスするなら「閲覧」にとどめておくといいだろう。
マイマップのリンク共有する相手

共有相手を選択したら後は共有リンクを送信するなどをすればOK。なお、「特定のユーザー」に共有を選択した状態で共有リンクを送信すると相手がURLにアクセスした時にアクセス権限を求める画面が表示されやり取りが増えてしまうので、「特定のユーザー」の場合にはメールで招待の方が効率がいい。特定の人の場合には権限を「編集」にすることで、共同で素早く様々な地図を作成できるようになる。
マイマップを特定のユーザに共有

共有した場合などで表示できない場合はこちらをチェック。
Googleのマイマップが表示されない場合の対処法

マイマップの削除

マイマップの削除だが、案内ウィンドウのプルダウンメニューから「ゴミ箱に移動」を選択で削除できる。
マイマップの削除

あるいはマイマップ一覧から同様にプルダウンメニューの「ゴミ箱に移動」を選択で同様に削除できる。
一覧からマイマップを削除

なお、ゴミ箱に移動した場合、しばらくは削除されない。すぐに完全に削除するにはGoogleドライブのゴミ箱に移動して完全に削除する必要がある。

Webサイトに埋め込み

Webサイトに埋め込む方法だが、予め共有設定で「ウェブ上で一般公開」に設定しておく必要がある。
Webに公開を選択

そしたらプルダウンメニューの「自分のサイトに埋め込む」を選択。
マイマップのWebサイト埋め込み

後はソースコードを自分のサイトにコピペ。
HTMLコードをコピペ

iPhone、Androidでのアクセス方法

iPhone、Androidでアクセスだが、Googleマップを開いたら、メニューを選択。
iPhone、AndroidのGoogleマップ

次は「マイプレイス」を選択。
マイプレイスを選択

iPhoneとAndroidでは若干メニューが異なるが、マイマップの作成した地図を選択。
iPhone、Androidでマイマップにアクセス

次は「地図の凡例を表示」をタップ。
地図の凡例を表示

後は見たい地図にチェックを入れて、画面上部の戻るアイコンをタップ。「閉じる」のアイコンは、表示しているマイマップを閉じると言う意味になる。iPhoneやAndroidではマイマップ自体の作成はできないが、この画面から共有ができるようになっている。
iPhoneで見たいマイマップを表示

なお、地図マーカーがGoogleマップのデフォルトの地図マーカーと似たような色になっている場合は、マイマップ上で再度修正するといいだろう。

ルートマップの作成方法

ルートマップは予めルートを作成することで、スムーズに移動ができるようになる。
Googleのマイマップでルートを作成する方法

CSV、スプレッドシートをインポートするやり方

下記の記事でCSVファイルやスプレッドシートを使ってさらに効率よく作成できる方法も紹介している。
【Googleマップ】マイマップにCSVやスプレッドシートをインポートする方法

基本的な使い方はこんな感じだが、アイコンのデザインやマーカーの色など色々とカスタマイズできるので色々と触れば分かるだろう。

カテゴリ:Google