テクノロジー・動画・写真・デザインとか

ボブ・バーンクエストのスケートボーディングがヤバ過ぎる!!

“ビッグ”・ボブ・バーンクエストとして知られている長身なボブは、身長が188cmもあるブラジル出身のスケートボーダーだが、サングラスのブランドで知られるオークレーが公開した彼のスケートボーディングがヤバ過ぎる。

X Gamesなどの様々な大会で数々のメダルを獲得しているボブは、2010年に世界で初めてフェイキー900を成功させたプロスケートボーダーの一人だ。

そんな彼が、ドリームランドとしてよく知られている、南カリフォルニアにある彼のバックヤードの超弩級のメガランプで披露したスケートボードのライディングがぶっ飛んでいる。

約4.5mのギャップや、約7.6mのクオーターパイプ、ヘリコプターとのコラボレーションなど、今までに観たことのない8分30秒のスケートボードのライディング映像に、久々に興奮した。

ちなみにフェイキー(スイッチスタンスとも言う)とは、例えば、スノーボードで左足を前にして滑る人が大半だが、その通常の足とは反対の足を前にして滑る方法で、フェイキー900はそのスタンスで900度回るという難易度の高い技だ。

Bob Burnquist

http://www.bobburnquist.com/

大会には必ずOAKLEY FACTORY PILOT GLOVEをつけて滑るとか。

カテゴリ:動画・映像