DJI RS 2・RSC 2用SmallRigハンドグリップ3028と3161のレビュー

デジタル一眼レフカメラ用のジンバルDJI RS 2を手に入れたもののローアングル撮影時に三脚を取り外ししてブリーフケースハンドルというプレートに取り付ける必要があり、これが結構面倒で取り外すとカメラを置きたい場合には、またブリーフケースハンドルから取り外しして、取り付けという煩わしい作業を必要とする。

そんな時に別途でハンドグリップがあると便利だが、サードパーティのSmallRigのDJI RS 2・RSC 2用ハンドグリップを購入することで対応ができるので、今回はSmallRig DJI RS 2・RSC 2用ハンドグリップ3028と3161を比較してみた。

実際にDJI RS 2とSmallRig(スモールリグ)のハンドグリップを使って撮影した動画。映画っぽい音楽も使っているのでそれを聴きながら観てもらうと雰囲気が伝わるかと。

関連 DJI RS 2とWEEBILL 2を比較してみた

SmallRigハンドグリップ3028

まずは、DJI RS 2・RSC 2用ハンドグリップ3028。

ハンドグリップ3028は、ハンドグリップとは別にジンバル本体に取り付けるための延長プレート(写真右側)が付属している。ジンバルDJI RS 2の場合には、ブリーフケースハンドルが付属しているが、このハンドグリップ3028のグリップは取り付けができないので、写真のグリップと延長プレートを一緒に取り付けて使う必要がある。

グリップとプレートの取り付け自体は簡単にでき、角度を自由に調整できるが、グリップを右斜め上ぐらいの位置にセットして使用するのが一番使いやすく、グリップを下方向に調整して使用しても持ちづらいだけで、正直なところ角度を調整して得られるメリットが個人的には見つからない。

グリップは持った時の感触が、DJI RS 2のジンバル本体のグリップよりも触り心地が良く、高級感を感じられる。グリップの太さは、DJI RS 2の三脚を折り畳んだ場合のグリップよりもやや太いが、指の長さが比較的に短く手が小さい自分にとっては程よい太さだ。グリップの先端は両サイドと底面にネジ穴がついており、ローアングル撮影時のモニターの取り付けができるようになっている。

しかし、残念な事にグリップ先端の両サイド、底面のネジ穴が大きくてDJI RS 2 Pro Comboの付属品スマートフォンホルダーのネジが取り付けできなかった。

プレートは、純正のブリーフケースハンドルのプレートよりもやや小さい構造になっている。

下記の写真はプレートとジンバルの取り付け部分だが、手前がハンドグリップ3028で奥が純正のブリーフケースハンドルのプレートとなっている。実際の取り付けは純正のブリーフケースハンドルのプレートの方がピタッと取り付けがやややり易い。また、取り外しは、黄金色の突起物の手前にあるスイッチを押しながら取り外す事になるが、ハンドグリップ3028の方は銀色のネジ調のものがスイッチの役割をしているが、押しづらい。対して、純正の方は黒スイッチのようになっていて簡単に押せる構造になっているので取り外しはし易い。

SmallRigハンドグリップ3161

ハンドグリップ3161の方は3028よりもデザインがもう少しスマートでやや小柄になっている。3028の方が触り心地は高級感があるのに対して、こちらはややゴム感があって安い感じがする。

ハンドグリップ3161は、純正のブリーフケースハンドルのプレートに取り付けができるようになっている。しかし、取り付け時にネジを締めるための部分を指を使って回す感じなのだが、割と回しづらく取り付け時、取り外し時もやや面倒だ。冬場の寒空では触りくないのもちょっと惜しい。これなら、純正の三脚グリップの全体を使って回して取り付ける方が楽だ。ただ、これはねじれ防止用のデザインだと思われる。

純正のブリーフケースハンドルのプレートは、実はネジを取り外して角度を調整できるようになっている。右下の回しネジは純正で付属品として付いてきており、それと差し替えれば工具なしもで角度調整が可能だ。ハンドグリップ3161は、それを意識した写真右下の回しネジが付属品として付いてくる。なので、これも差し替えれば工具なしでも角度調整ができ、純正の回しネジよりも回し易い。

ハンドグリップ3161は、先端の両サイドのネジ穴にDJI RS 2純正のスマートフォンホルダーが取り付けできるようになっている。ローアングル撮影の場合、DJI RS 2デザインの指定の位置よりも高いポジションにあるため、見やすくなる。

ハンドグリップ3161の先端にスマホを取り付けたサンプル。

まとめ

DJI RS 2、またはRSC 2を持っていて、なおかつブリーフケースハンドルを持っているなら、ハンドグリップ3028の触り心地以外の優位性がそこまで見当たらないため、先端にスマホを取り付けができ、しかも安いのでハンドグリップ3161がおすすめってことで。

シェアする

カテゴリ:
ジンバル