テクノロジー・動画・写真・デザインとか

SSDのプチフリ対策/RAMDISKの利用

皆様、あけましておめでとうございます。
色々なネタをピックアップしつつなんとかこのブログも1年以上続いたが、今年も面白いネタやら、気になる記事をドンドン取り上げて皆様の退屈しのぎ、お役に立てればと思いまーす。
そんなわけで、今年もよろしくお願いしまっす。

さて、新年の一発目のネタは、SSDのプチフリ対策。
使っているPCが6年ぐらいは経ったので、マザーボードやらCPUなどの中身をごっそりと入れ替え、話題のSSDに新しくOSをインストールしてみた。
ヤバババイっす!!PCの起動が爆速っす!!
ぜひともSSDにOSのインストールして使用してその快適さを体験することをお薦めする。

さて、SSDはWindowsの起動時間が高速化されることで話題になっているが、現状の商品ではプチフリと言われる現象が起きる商品が多々あるみたいだ。
プチフリとは、プチフリーズの略で、ファイルを開いたり保存したり、削除しようとしたりすると、数秒パソコンが固まる現象のことを言い、私も例に漏れず、このプチフリにかなりイラっとしていたところだった。

プチフリ対策として、色々な方法がネットで有効な方法としてネットでも紹介されているが、下記の二通りの方法をお薦めする。
・SSDをRAID化して利用する
・RAMDISKを利用する

今回はSSDを一枚しか買わなかったので、RAID化は出来なかったが、マイブラザーがSSDのRAID化をしてプチフリ現象に悩まされることもなく快適に動作をしている。
私は、RAMDISKを利用してみた。
RAMDISKは、メモリーの空き領域を利用するという手法だが、これでかなりプチフリが解消された。
まーRAMDISKについて詳しくは、グーグル先生に聞いてみてくださいな。

続きを読む


んで、早速その手順だ。
①「boot.ini」の設定(Windows XPの場合)
コントロールパネル

システム

「詳細設定」タブ

起動と回復の「設定」

起動システムの「編集」

boot.iniが起動するので、一番最後に「/PAE」を追加

システムの再起動

②下記のどちらかのページにアクセスして「Gavotte RAMDisk」をゲット。
Gavotte Ramdisk まとめWIKI(直リンク) 7z形式

ページにアクセスすると右上に画像認証の欄があるので、それを入力して「ここにファイルをダウンロード」を選択でダウンロードが開始されるぞ。
参考ページ
http://www10.atwiki.jp/gavotterd/

③ram4g.regをレジストリに追加
解凍した「Gavotte RAMDisk」の中にある「ram4g.reg」をダブルクリック。

④インストール
「ramdisk.exe」をダブルクリックして、画面の右上の「Install Ramdisk」をクリック

⑤必要に応じて設定を変更
Disk Sizeは、マイコンピュータの中に「RamDisk」と表示されているHDをクリックすれば容量が分かるので、それに見合ったサイズを選択。
Media TypeはFixed Media。終わったら「OK」を選択。

参考ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0512/ramdisk.htm

⑥TEMPフォルダをRamDiskドライブに設定
標準では、Cドライブに設定されているTEMPフォルダにRamDiskドライブに設定。
(やり方はグーグル先生に聞いて~)
その他、FirefoxやIEのキャッシュフォルダやPhotoshopの仮想記憶ディスクなどをRamDiskドライブに設定することで、プチフリがかなり解消される。

もちろん、自己責任&RAMDISKは、Windonwの再起動をするとデータが消えるので大事なデータの保存先には設定しないように。

カテゴリ:Windows