テクノロジー・動画・写真・デザインとか

「人生はなんて儚いものなんだ」と感じさせてくれる針金アート

道具なんてものは手段であって、何を使うにしろそれを使って何を表現したいのか、それがアートではないのだろうか。

針金、これを使った大変クリエイティブで面白い作品がある。
見ているだけで、哀愁感を感じたり、思わずクスっと笑いたくなる作品もあり、面白い。

まずはこれ、ロウソクと針金。
なんとなく、自分を表現している感があるのは気のせいだろうか。
ロウソクと針金

次はこれ、卵と針金。
奥にはチキン、そして、「お母さんへ」という手紙をもった子供?の卵。
何といえばいいのだろうか、言葉が浮かばない。
何といえばいいのだろうか、、、

決戦の先に待つのは、死のココアの海。
果たして、どちらの砂糖?が落ちるのか!?
決戦の先に待つのは、死のココアの海

バナナによる情事。
いやー、バナナなだけにウマイなぁ。
バナナな情事。

その他にも面白い作品があるので、続きはこちらで。
http://owni.eu/2010/12/15/still-life-bent-objects/