iPhoneのiCloudカレンダーを共有する方法

iPhoneのカレンダーを使っていて家族などと共有したい時があるかと思うが、そのやり方についてまとめてみた。

iCloudカレンダーを同期

iPhoneのカレンダーを共有するには、サーバー上にあるiCloudと同期をする必要があるので、まずはその確認。

iPhoneの設定を開いて、自分のAppleのアカウントを選択。

次は、iCloudを選択。

そしたら、カレンダーの横のスイッチがオンになっているかを確認する。緑色がオンの状態で、これでiCloudと同期されている状態。

次はiPhone標準のカレンダーアプリを開いて画面下部のカレンダーを選択。

そしたら見出しにiCloudとある箇所のカレンダーにチェックが入っていることを確認。初期設定では、「自宅」と「職場」にチェックが入っているが、必要に応じて左下の「カレンダーを追加」から新しく作成して貰えれば。

iPhoneカレンダーの共有方法

iPhoneのiCloudカレンダーの共有は下記の通り3つの方法がある。

  1. カレンダーのURLを共有
    URLを知っている不特定多数の人が、Windows、Androidなどの端末に関係なくアクセスできる
  2. 個人をカレンダーに招待
    特定の人をカレンダーに招待することで、カレンダーに追加変更があれば、それらも共有される。家族で共有するならこれがお薦め。
  3. 個別の予定のみを共有
    友達の誕生日会などの特定のイベントのみを共有する方法

カレンダーのURLを共有

iPhone標準のカレンダーアプリを開いて画面下部のカレンダーを選択。

次はiCloudの「自宅」カレンダーの右横のiアイコンをタップする。

そしたら、画面をスクロールして公開カレンダーのスイッチをオンにする。するとリンクを共有…というメニューが表示されるのでそれをタップ。

共有シートが表示されたら、LINEやメールでそのまま共有すればOK。ブログなどで共有したい場合は、コピー貼り付ければOK。

個人をカレンダーに招待

カレンダーアプリを開いて画面下部のカレンダーを選択。

次はiCloudの「自宅」カレンダーの右横のiアイコンをタップする。

続いては個人を追加を選択する。

最後は「宛先」の欄にメールアドレスを入力するか、右横の + アイコンタップしてiPhoneの連絡先から招待したい人を追加すればOK。もちろん、複数人の招待も可能だ。ちなみに、連絡先には予めメールアドレスを登録している人じゃないと招待できない。

個別の予定のみを共有

今度は個別の予定のみを共有する方法を見てみよう。

カレンダーアプリを開いたら右上の予定追加+アイコンをタップ。

そしたら、「①イベント名の入力、②日付の設定、「③iCloudカレンダーの選択」と予定を設定したら、④予定出席者を選択。

そしたら、「宛先」の欄にメールアドレスを入力するか、右横の + アイコンタップしてiPhoneの連絡先から招待したい人を追加すればOK。もちろん、複数人の招待も可能だ。ちなみに、連絡先には予めメールアドレスを登録している人じゃないと招待できない。

最後にイベントを追加すれば、招待メールが相手に届く。

シェアする

カテゴリ:
iPhone