ツイッター(Twitter)でログアウトする方法【スマホ・PC】

ツイッター(Twitter)のログアウトのやり方について、それぞれiPhone、Androidアプリ、PCブラウザでのやり方をそれぞれまとめてみた。

知っておきたいログインの事

ツイッターを利用するには、自分が作成したアカウントを使って「ログイン」という操作を行うが、これは個々のユーザーの「プロフィール情報、フォロー情報」や、「投稿、コメント、いいね」などの利用状況などを識別して、それらの個々のユーザーのデータに紐付いたプロフィール情報を表示したり、投稿ができる状態にするのがログイン。

ログアウトとは?

ログアウトは簡単に言ってしまうと、ログインしている端末から切断して自分に紐付いた情報で利用をできなくすることを言う。

上述のログインした状態で他人が利用してしまうと、関係ない投稿がなされたり、つながっている友達の情報ややり取りが漏れて、様々な問題を引き起こす。

なので、それを防ぐという意味では、ログアウトという操作をする必要がある。ちなみにアプリそのものを閉じたり終了させたりするだけではログアウトとは言えない。

なお、自分専用のスマホやPCを使っている場合には、それぞれの端末でパスコードをロックしておけば、ツイッターからログアウトする必要は特にないが、例えば、一時的に友達のスマホを借りたり、端末を修理に出して一時的に代替機を使ってる場合や、ネットカフェなどで一時的にログインしている場合は、必ずログアウトするようにしよう。

ログアウトするとどうなる?

ログアウトすると、自分が設定したプロフィール情報やフォロー、フォロワーのリストが見れなくなってしまい、いいねや投稿ができなくなったりする。アプリの場合には他人の投稿が見れなくなってしまう。

他のユーザーのアカウントIDが分かる場合には、ブラウザで下記のURLの「xxx」部分を書き換えてアクセスすれば、非公開出ない限りは投稿が見れる。

https://twitter.com/xxx

ログアウトしても検索できる

ログアウトすると上述のような状態になるが、ブラウザで下記のアドレスにアクセスすれば、ツイッターのトレンドを見たり検索はできる。
https://twitter.com/explore/

ログアウトとアカウント削除の違い

ログアウトと似ている言葉としてアカウント削除があるが、それの違いは以下の通り。

  • ログアウト
    自分のデータに紐付いてログインしている状態の端末で利用できないようにする事を言う
  • アカウント削除
    自分のプロフィール情報やフォロワー、フォローリスト、それまでの投稿やいいねなどの自分に紐付いたあらゆる情報がサービスから削除され、2度と同じ状態で利用できなくなることを言う。

【iPhone】アプリからのログアウト方法

iPhoneアプリはAndroidアプリと比べて素早くログアウトができるようになっている。

ホーム画面でアカウントアイコン、またはホームアイコンを長押しする。

そうすると、アカウントメニューが表示されるので、ログアウトしたいアカウントを左にスワイプでログアウトすることができる。複数アカウントの場合でも簡単にログアウトできるようになっている。

【iPhone・Android】アプリからのログアウト方法

iPhoneとAndroidアプリでは見た目が多少異なるものの、共通の流れでログアウトできるようになっている。

アカウントアイコンをタップか、画面左端を右にスワイプ。

サイドメニューが開いたら設定とプライバシーを選択。

次はアカウントを選択。

画面最下部までスクロールするとログアウトのメニューがあるのでそれをタップでログアウトできる。

スマホ向けブラウザでのログアウト

今度はスマホ向けのSafriやChromeブラウザのログアウト方法。

画面左上のアカウントアイコンをタップする。

サイドメニューが開いたら下までスクロールして、ログアウトを選択するだけ。

PC向けブラウザでのログアウト

左サイドバーのアカウントアイコンをクリックして、表示されたメニューの〇〇からログアウトをクリック。

ログアウトできない、復活する?

ログアウトしたのに、簡単に再ログインできてしまう状態があるが、これはログイン時にクッキー情報を保存してしまったために起きることだ。なので、ブラウザのクッキー情報を削除すればOK。

おすすめのツイッターの本

人気のツイッターアカウントに育て上げるまでのエピソードが語られている。操作方法を覚えてフォロワーを増やすしたい人は参考にするといいだろう。

ツイッターの使い方まとめ

ツイッターの使い方のまとめはこちら。

シェアする

カテゴリ:
Twitter