ツイッターのスレッド作成(連続ツイート)のやり方・使い方

投稿時の文字数制限が140文字というツイッターにおいて、それにより伝えたいことが伝わらずに炎上してしまうことも多々あるが、それを回避するための方法の一つとしてスレッド投稿がある。

スレッドとは?

スレッドは、英単語のthreadのことで「糸、縫い糸、筋道、脈絡」などの意味があるが、ツイッターでの使われ方としては「筋道、脈絡」と捉えることができる。

機能として簡単に言うと「ある話題についてのまとまった投稿」と言ったところで、ある話題について連続ツイートをして一つのスレッドとしてまとめることで、そのまとまった投稿から「脈絡」を知る、と考えるといいだろう。

スレッド作成のやり方

まずは、いつものように投稿アイコンをタップする。

文字数はいつものように140字まで。もちろん画像投稿も可能。文章の最後にサンプルのように「続く」を入れておくと読者に続きがある事を伝えられる。文字を入力し終わったら、キーボードの右上の + アイコンをタップしてツイートをさらに追加する。

するとこのようにツイートを追加と表示されるので、さらにツイート内容を入力する。必要に応じて同様の手順でまた + のアイコンをタップしてツイートを追加する。

最後のツイートの場合には、「終」を入れておくと読む手に終わったことを伝えられる。ただし、ツイート後に更にスレッドに追加することもできるので、「終」は必要に応じて。後は右上のすべてツイートをタップして投稿する。

ちなみに、試しに20個ほどツイートを追加して投稿してみたが、投稿に多少時間は掛かるものの問題なく投稿できる。

下記は実際にスレッドを作成投稿した画面。1つのスレッドに4つ以上のツイートがある場合、一部のツイートが非表示状態で下記のようにこのスレッドを表示というリンクが表示される。それをタップでスレッド内のツイートを全て閲覧することができる。

編集中のツイートの削除

編集中のスレッドに追加した個別ツイートの削除方法だが、少々面倒だ。

まずは、削除したいツイートをタップしてカーソルを表示したら、さらにカーソルをタップして編集メニューを表示し、すべてを選択タップして文字を選択。

メニューが表示されたらカットを選択するか、キーボードの削除ボタンで文字を削除する。

文字を削除したら後は、 X をタップで削除できる。

並び替え

スレッドの中のツイートの並び替え機能は基本的にないが、上記の削除方法とツイートの挿入をうまく活用すれば並び替えに似た事ができる。

並び替えたいツイートの文字を全部選択したら、メニューのカットを選択する。

文字を削除したら、 X をタップで削除。

そしたら挿入したい位置のツイートをタップしてアクティブにし、ツイート挿入の+アイコンをタップする。

空のツイート欄が挿入されたら、そこに先程カットしたテキストを貼り付ける。これでちょっとした並び替えができた。

スレッドの下書き保存と再開

スレッドのツイート内容入力に時間が掛かり、すぐに投稿できない場合は一旦、下書き保存して後で再編集することができる。

画面左上のキャンセルを選択で開かれたメニューの下書きを保存を選択。

再開のやり方は、投稿アイコンをタップする。

後は画面上部の下書きを選択すればOK。

投稿後のスレッドに後から追加

投稿後のスレッドにツイートをさらに追加することもできるが、いくつかの方法がある。

追加したいスレッドのこのスレッドを表示を選択。

そしたら、画面下部までスクロールする。すると別のツイートを追加というボタンがあるので、それをタップすれば更にツイートを追加することができる。

もう一つの方法として、投稿画面で画面を下に引っ張るとスレッドを続けるを選択するか、その右横のサブメニューから選択してスレッドを追加することができる。

投稿済みスレッドの削除

スレッドの削除だが、残念ながら一括で削除する方法は現在のところない。なので、個々のツイートのサブメニューから削除選択して一つずつ削除する必要がある。あまり大量にツイートを追加すると削除が大変なので、気をつけた方がいいだろう。

おすすめのツイッターの本

人気のツイッターアカウントに育て上げるまでのエピソードが語られている。操作方法を覚えてフォロワーを増やすしたい人は参考にするといいだろう。

ツイッターの使い方まとめ

ツイッターの使い方のまとめはこちら。

シェアする

カテゴリ:
Twitter