ツイッター用語まとめ

ツイッターに関する用語をまとめてみた。

アンチ

ツイッターに限らずSNSを使っていると、主に人気アカウントに対して何かしらのネガティブな関わりや発言を持つ人の事を言う。中には粘着質な人が誹謗中傷をする人もいて、炎上、裁判沙汰になることもある。

基本的には無視するか、ブロック鍵垢などにして相手にしないに限る。

裏垢(うらあか)

ツイッターでは複数のアカウントが作成できる。そのため、メインで使用するアカウントとは別に趣味や仕事、プライベートなどのアカウントを作成して利用している人もいる。裏垢というぐらいなので、友達や知人には知らせずに、ひっそりとムフフと利用するアカウントの事を指す。

裏垢で利用したい場合には、鍵垢にしたり、連絡先を登録しないように気をつけないとバレる可能性がある。

鍵垢(かぎあか)

フォローを許可している人以外に自分の投稿を見せないように設定したアカウントの事を言う。非公開アカウントと意味は同じで、プライバシーを守る効果がある。

「鍵をかける」と言ったら、この鍵垢にすることを言う。

「w」の「笑い」という意味と同じ。「wwww」のようにwが複数並んでいるさまが、草のように生えていることから来ている。「ヤバすぎて草」、「ヤバすぎて草生える」のように使う。

サブアカウント

ツイッターでは複数のアカウントが作成できる。そのため、メインで使用するアカウントとは別に趣味や仕事、プライベートなどのアカウントを作成して利用している人もいる。サブ垢とも言う。

ただし、サブアカウントを利用する場合は、6か月ごとにログインしないと恒久的に削除される場合があるので、注意が必要。

相互フォロー

お互いにフォローすることを「相互フォロー」と言う。ツイッターではフォローしても相手がフォローしてくれないこともあるが、「ゆるいつながり」がツイッターのいいところでもあるので、あまり気にする必要はない。

タイムライン

タイムライン(timeline)は、簡単に言うと時間軸だが、ホーム画面では様々な人のツイートが時間軸に並んでいるので、それを指する。TLと略されることもある。

フォローしている人が多ければ多いほど、このタイムラインの流れは早いものになり、時には気になる人のツイートを見逃すこともある。その場合には、リストを使うといいだろう。

タグづけ

写真に写り込んでいる人を関連付けるための機能。一緒にいる友だちとリア充をアピールすることができる。

しかし、人によってはタグ付けを嫌う人もいるので、配慮が必要。

ツイッター

ツイッターの英語でのスペルはtwitterとなり、名詞では「(小鳥の)さえずり、興奮、身震い」、動詞では「さえずる、(興奮したりして)ぺらぺらしゃべる」などの意味がある。

ツイッターのサービス自体はSNSと呼ばれるサービスの一つで、140文字の制限の中で文字や写真、動画などの投稿を行い、世界中の様々な人とつながってコミュニケーションができ、ゆるく使うことはもちろん、情報発信、情報収集を行うこともできるツールとなっている。

ツイート

ツイート(tweet)は、「(小鳥が)チッチッチと鳴く、さえずる」という意味があり、ツイッター上では文字や写真、動画などの「投稿」を指する。「ツイートする」と言えば「投稿をする」事を指し、「つぶやく」とも言う。

凍結

ツイッター上でツイッターのルールに違反すると、アカウントの停止をされることがあるが、凍結はこのアカウントの停止を指する。

なう

英語のnowから来ており、「〇〇に居る」、「〇〇をしている最中」の事を意味する。「新宿なう」、「ランチなう」などのように使う。

ハッシュタグ

ハッシュタグとは、簡単に言うと「投稿の関連付け」、あるいは「グルーピング」を意味する。百聞は一見にしかず、ってことでこの投稿「#カフェ」を見てもらうと分かるのだが、様々な人が「カフェ」に関連した投稿をしているのが分かる。

投稿時にコメント欄に「#カフェ」などのように、キーワードや文言の前に「#」の記号を付けて投稿することで自動的にそのハッシュタグにリンクが貼られ、それをタップすることで関連したツイートを見たり検索ができる。

また、それをチェックしている人に気づいて貰える可能性が高まる。

非公開アカウント

フォローを許可している人以外に自分の投稿を見せないように設定したアカウントの事を非公開アカウントと言う。

鍵垢と同じ意味。

フォロー

フォローは英語のfollowで「〜についていく、続く、従う、追う」などの意味があり、機能的なところでは「友達に登録する」ことで、フォローした人の言動や情報発信をタイムラインで能動的に受け取ることができるようになる。

フォロワー

フォロワーは英語のfollowerで「従者、信奉者」などの意味があり、これはある特定のユーザーをフォローした人のことを指する。

フォロワーは「ファン」と言い換えると分かりやすいと思う。ファンになることによって、フォローした人の情報を得られる、と捉えると分かりやすいかと思う。

パクツイ

人のツイートを丸ごとパクってツイートする事を言う。人気者になりたい、承認欲求の強い人間性の小さい人が人気のツイートをまるで自分の言葉のようにツイートする事。

ブロック

様々な人とつながれるのがツイッターの良さでもあるが、場合によっては険悪になってしまうこともある。その場合には、その人との関わりを完全に遮断するための手段として、ブロックを使う方法がある。ブロックされた人はあなたに話しかけることもできないし、あなたのツイートも見れなくなる。

モーメント

ある特定のテーマに関するツイートをまとめたものがモーメント。以前はスマホからでも作成できたが、現在はスマホでの閲覧はできるものの、作成はPCからのみとなっている。

リスト

様々な人をフォローしていると、あっという間に数百人をフォローすることも珍しくはない。しかし、そうなると気になる人の投稿をタイムライン上でチェックすることは困難になる。

その場合には、ユーザーをリスト分けして登録することで、気になる人の投稿をチェックしやすくすることができる。

リスイン

ツイッターのリストにインする、要はツイッターリストに追加することを言う。

リツイート

リツイート(retweet)は、他ユーザー、あるいは自分が投稿したツイートを他の人にも見てもらいたい、拡散してもらいたい場合に、ツイートしたユーザーおよびツイート内容をそのままもう一度ツイートするツイートする方法。

リツイートは、そのままリツイートする方法と、元のツイートに対してコメントを入れてリツイートする方法がある。

リプ

リプライを省略した言葉。ツイートに対して返信をすることを言う。

リプライ

英語のreplyには「答える、返事する」などの意味があり、誰かにツイートされて、その返信をする場合の事をリプライと言う。リプする、のように略されることもある。

リムーブ

リムーブは英語のremoveで「取り去る、取り除く、脱ぐ、はずす」の意味となり、フォローした人を外すということになる。「リムる」などと略されることもある。

リムる

リムーブを省略した言葉。フォローしていた人を外すこと。

ff

「フォロー、フォロワー」を略したもの。ツイッターでは、相互フォローをしていなくても見知らぬ人に話しかけることができるが、その時にマナーを重んじる人が「ff外から失礼する」と言って話しかけることがある。「F外失」と略されることもある。

しかし、オープンなツールであるのと文字制限があるので、人によっては、いちいちそこまでしなくてもいいという人もいる。

FRB

フォロー(follow)、リムーブ(remove)、ブロック(block)の略。プロフィールに「FRBご自由に」と紹介している人もおり、フォロー、リムーブ、ブロックはご自由にという意思表明をしている。

qt

qtは、quoteの事を指し「引用」を意味し、他のユーザーのツイートを引用する際に「qt “他ユーザーの言葉”」のように使われていた。リツイート機能が実装される前の使われた方。

rt

rtは、リツイートの事を意味する。リツイートの機能が実装される前は、「rt “他ユーザーの言葉”」のように手入力して他ユーザーの言葉を引用をして、自分の考えなどを述べていた。

w

wは、「(笑)」を意味する。「寝過ごした、会社に遅刻する!…と思ったら日曜日だった(笑)」というような文の最後に笑いを入れたい場合に「寝過ごした、会社に遅刻する!…と思ったら日曜日だったw」と入れる。

「wwwww」のように、たくさん入れることで笑いの度合いも表する。「笑い」の日本語入力変換で「warai」と入力するところの「w」から来たと言われている。

おすすめのツイッターの本

人気のツイッターアカウントに育て上げるまでのエピソードが語られている。操作方法を覚えてフォロワーを増やすしたい人は参考にするといいだろう。

ツイッターの使い方まとめ

ツイッターの使い方のまとめはこちら。

シェアする

カテゴリ:
Twitter