新しいMicrosoft Edgeをアンインストールする方法

わりと新しいもの好きなので、興味のあるものであれば直ぐにでも利用する方だが、Microsoft Edgeも最新のバージョンを入れて遊んでみたものの、やはりちょっとアンインストールしたくなる時もあるだろう。その手順の紹介。

なお、この手順は最新Microsoft Edgeのダウンロード&インストール方法で紹介したオープンソースのChromiumをベースにした新しいMicrosoft Edgeのアンインストール手順となっている。初期の「e」マークのロゴのMicrosoft Edgeは、デフォルトでは削除できないようになっていないし、ネットで探せば削除する方法が紹介されているがあまりおすすめしない。

関連 Chromium版Microsoft Edgeの使い方まとめ

シェアする

目次

Windowsでアンインストールする方法

まずは、キーボードのWindowsキーを押して検索欄からMicrosoft Edgeを検索するか、Windowsメニューをスクロールして探す。アイコンが表示されたらマウスオーバーすると右にアンインストールメニューがあるのでそれをクリック。検索結果のアイコンを右クリックのサブメニューからもアンインストールが選べる。

そしたら、画面をスクロールしてMicrosoft Edgeを探して選択し、上部のバーにあるアンインストールをクリック。ちなみに、この画面でキーボードが英語入力状態で「m」を選択すると「m」に関連したソフトの一覧までスクロールできるので直ぐに探せるので、覚えておくと便利。

確認ウィンドウが表示されるので、必要に応じて「閲覧データもクリアしますか?」にチェックを入れてアンインストールをクリック。

Macでアンインストールする方法

Macの場合には、Finderを開いてアプリケーションから、Microsoft Edgeを選択してゴミ箱に捨てればOK。ショートカットキー「Command + Delキー」でゴミ箱に捨てられる。

セキュリティ確認が行われるので、使っているMacの状況に応じてパスワード入力か、タッチIDで削除できる。

シェアする

カテゴリ:Windows