テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Gmailとは何か?Gmailを使うべき11の理由

PCやスマホを使う上でほぼ何かしらの関わりを持つGoogleの様々なサービス。その中でもGmail(Gメール)を耳にしたことがある人も多いのではないだろうか。

そんなわけでGmailとは何かについて紹介しようと思う。

関連 Gmailアカウントの作成/複数アカウントの追加方法

Gmailとは?

目次

Gmailとは?

Gmailは、Googleが開発した無料のメールサービスで、2004年4月1日に限定ベータ版として開始され、2009年7月7日にベータ版を終了して本格運用が開始された。

開始当初は同様のサービスにHotmailなどの競合などもがあったが、他社のメールサービスが2MBしかやり取りしかできなかった事に対してGmailは1GBと太っ腹に提供し、今では他のGoogleサービスと含めて15GBもやり取りができるようになっている。

また、先駆的にAjaxと呼ばれる技術を使用したことで、ブラウザでのメールのやり取りがスムーズだったというのもあり、2019年1月17日時点でのGoogle公式ブログの資料(PDF)によるとGmailは世界中で月間15億人のアクティブユーザーを抱えていると言われている。

GmailとEメールの違い

ざっとの歴史的な部分は上記の通りだが、GmailとEメールの違いって何かあるのかと言ったら、EメールというのはPCやスマホなどで使える電子メールの総称で、そのEメールのサービスの中の一つとして「Google」が提供しているのが「G」メールってのがあり、基本的にメールであることにかわりはない。

そんでGmailには下記の主な特徴があると捉えてもらえればいいかなと。

Gmailを使うべき理由

メール検索機能が素敵

Google検索で培った検索機能がGmailに対しても使えるので、大量のメールで、うろ覚えなことでも適当なキーワードを入力すればリアルタイムで該当するメール候補が表示されるので、ヒットする確率は高い。曖昧な人間の記憶には、もはやこの検索機能はなくてならい存在だ。

この機能があるだけでもGmailを使う最大の理由と言える。

iPhone、Android、Windows、Macで使える

Windows、Macに関係なくブラウザがあれば使えるし、また、iPhone、Androidのスマホ端末であっても専用のGmailアプリを入れればプラットフォームに依存することなく使える。

つまりは、ネットさえあればいつでもどこでもやり取りができる。友達の家に行ってちょっとPCを借りてGmailを確認&作業したいとかも手軽にできちゃう。(ログアウトするの忘れずに!)

データはクラウドに保存される

メールは基本的にクラウドに保存されるので、スマホをなくしてもメアドとパスワードさえあれば、新しいスマホでログインするだけでデータは元通り。なので、スマホやPCでのメールのバックアップは不要となる。

携帯を変更してもメアドの変更をする必要がない

docomo、au、Softbankと携帯キャリアを変更した場合、プロバイダを変更した場合、転職した場合、学校を卒業した場合など、メアドが変わる事があるかもしれないが、そのメアドでやり取りした人たちに対しては変更通知をしなくちゃいけないが、最初からGmailでやり取りすればそれの必要もなくなる。

無料で15GBの容量が利用できる

先程も述べたが、15GBの容量を無料で貰えて利用できる。ソフトバンクのEメールだと「200MB(最大5,000件)」しか受信できない。
15GBもあれば個人用途で容量がなくなるってことはそうそうはないだろう。

最大50MBの受信、最大25MBのファイルを添付して送信可能

これもソフトバンクのEメールになってしまうが、ソフトバンクだと送受信可能サイズ3MBとなっている。
(25MBしか送信できないのに、50MBを受信できるってのもなんか矛盾してる気が…)

さらにGoogleドライブを使えば、より大きな動画ファイルなどもアップロードしてリンク先を共有できる。

スパムやフィッシングメールをフィルタリングする

メールに添付されていたファイルを開いたらマルウェアに感染したというニュースをしばしば聞くことがあるが、Gmailならスパムメールやマルウェアを自動でフィルタリングしてくれる。

同様に、フィッシングメールもフィルタリングしてくれる。フィルタリングメールとは、例えば、クレジットカードの有効期限が切れそうなので更新してくれというような偽の案内が届くが、それが自分が使っている本当のサービスのように巧妙「なりすまし」メールを送ってくるので人によっては判別がしづらい時がある。

そんなフィッシングメールもフィルタリングしてくれる。

ビジネスでも使われる高い信頼性

自分が努めている会社ではこのGmailを標準のメールとして使っているのだが、世界中のビジネスシーンでも使われており、先程のGoogle公式ブログの資料によると、400万の企業がビジネス向けのアカウントでGmailを使っていると述べいている。

400万という企業数からして、その信頼性は高いというのは言うまでもない。

AIでさらに便利に

Gmailでは、さらにAI(人工知能)が導入され、メールに対する簡単な返信を提案してくれる「スマートリプライ」機能がある。

さらに言えば、通知設定で様々なメールの通知ではなく優先度の高いもののみを通知する、なんて設定ができる賢いメールサービスとなっている。

最大5つまでのメールを設定して送受信できる

プロバイダなどのPOP3メールなどを最大で5つまで追加して送受信ができるので、複数のメールアカウントを一元管理するのにも便利だ。5つのアカウントを超えた場合でも転送機能を使うことも可能だ。

さらには、Yahoo、AOL、Outlook、HotmailなどのGmail以外のアカウントなども、Gmailifyを使用することで、そのアドレスでGmailのさまざまな機能を利用できる。

なので、使用中のメールを残しつつ、新しいGmailに徐々に移行するなんてことも可能だ。また、必要に応じて複数のメールアカウントを持つことも可能。

Googleのサービス利用には必須

Androidを使う場合にはGoogleアカウントが必要になるが、その際にはそれを作成する事になるし、Googleの様々なサービスを使うなら必須となる。

Gmailを取得することでGoogleのアカウントを取得をすることになり、Googleマップ、Googleカレンダーなどの様々なGoogleのサービスがより便利になるし、Webサービスやアプリでユーザー登録時に連携候補としても利用されている。

Gmailアカウントの作成

まー、Gmailは、間違いなく便利ってこと。

早速Gmailのアカウントを作成したくなったらこちらをチェック。

使い方一覧はこちら。

カテゴリ:Google