Web・ガジェット・写真とか

ストレージとは?スマホなどでの意味をわかりやすく解説

iPhoneやAndroidなどのスマホ、WindowsやMacなどのPC(パソコン)、またはアプリやWebサービスを利用していると、ストレージという言葉を見かけることがあると思うが、スマホやパソコン初心者向けにストレージの意味とは何かをまとめてみた。

関連 デバイスとは?スマホとの関連や意味をわかりやすく解説

ストレージとは?

ストレージとは、英語の「storage」の事で、「貯蔵、保管」などの意味があるが、スマホやパソコンなどで使われる意味としては、コンピューターや電子システム上の画像や動画、アプリなどの様々なファイルデータを保管する場所や装置の事をいう。補助記憶装置なんて言われる。

ストレージに保存されたファイルデータは、スマホやパソコンの電源を切っても、再度スマホやパソコンの電源を付ければ、最後に保存した状態で利用できるようになっている。

ストレージにはデータを保存できる「容量」があり、主に下記の単位が使われ、大きいほどたくさん保存できるが、それに伴って金額も高くなる。

  • MB(メガバイト)
  • GB(ギガバイト)
    1000MBは1GBになる
  • TB(テラバイト)
    1000GBは1TBになる
ストレージとは

ストレージは主に下記の3つに分類される。

  1. 内部ストレージ
  2. 外部ストレージ
  3. オンラインストレージ

内部ストレージ

内部ストレージとは、iPhoneやAndroidなどのスマホ、WindowsやMacなどのPC(パソコン)の内部に予め取り付けられている記憶装置のことである。

内部ストレージは、さらにスマホとパソコンでは下記のようなストレージが取り付けられている。

iPhoneなどのスマホ

  • フラッシュメモリ
    iPhoneやAndroidなどのスマホには、フラッシュメモリと呼ばれる記憶装置が内蔵されている。

パソコン

  • SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)
    近年パソコンの主流のストレージとなっている。通称はSSDで、後述のHDDよりも高速で動作できるが、HDDと比べて容量は少なくまだ高価。画像や動画の編集をしたいなら、このSSD内蔵のステレージを選択するべき。SSDはPS 5のゲーム機などにも使われている。
  • HDD(ハードディスクドライブ)
    通称はハードディスク。SSDよりも安価で保存できる容量が大きいが、スピードではストレスを感じることがあるかも。

パソコンでは、ストレージではなく「ディスク」と呼ばれることがある。

外部ストレージ

外部ストレージとは、スマホやパソコンの外部につないで利用できるステレージの事をいう。リムーバブルメディアと呼ぶこともあり、メモリーカードはデジタルカメラなどにも使われる。

下記のような記憶装置、媒体がある。

  • メモリカード
    • microSDカード
    • miniSDカード
    • SDカード
    • コンパクトフラッシュ
    • メモリスティック
  • USBメモリ
  • 外部SSD
  • NAD(ネットワークHDD)
  • 光学メディア
    • CD
    • DVD
    • Blu-rayディスク

オンラインストレージ

オンラインストレージは、インターネットを通じて利用できるストレージの事を言う。ネットさえあれば、どこからでもファイルを保存したり、アクセスができ、まるで自分のスマホやパソコンの中でやり取りできる利便性がある。クラウドストレージと呼ばれる事もある。

デメリットとしては、下記のような例がある。

  • 一定容量は無料で利用できるものの、それ以上利用するには月額、あるいは年額で定期的に支払いをする必要がある場合がほとんど
  • ネットがないとファイルデータにアクセスできない
  • 大容量のファイルにアクセスする場合には、高速なネットの接続環境がないと、アクセスに時間がかかる

ストレージがいっぱいとは?

冒頭でも述べたように、ストレージには保存できる容量があり、保存できる領域が少なくなってくると、アプリやゲームなどのインストールや、画像や動画などの様々なファイルを保存できなくなる。

なので、使用していない不要なアプリやゲームをアンインストールしたり、画像や動画などのファイルを削除する必要がある。

あるいは、容量のさらに大きいストレージに変更するか、オンラインストレージの容量を増やすなどの作業が必要になる。

ストレージに関連する記事

ストレージと一緒に覚えたいIT用語