テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Windows 8にスタートメニューを追加する「Classic Shell」

Windows 8からスタートメニューが廃止されたのだが、そんなWindwos 8にWindows 7のようなスタートメニューに戻すアプリというのがあちこちで紹介されているようだが、ちょいと調べてみた。

様々な特徴を持ったWindows 8用スタートメニューアプリ

Windows 8用スタートメニューについて調べていると、様々なアプリがあるのが分かるのだが、それぞれに下記の特徴や問題点があるようだ。

シェアウェア

Start8」は、シェアウェアとして取り扱っており、「秀丸スタートメニュー Professional」はカスタマイズできるプロ版で有料となるアプリなんかもある。

日本語非対応

StartMenu8」などのように海外製で、日本語化がなされていないものもあるようだ。
※StartMenu8は、ブラウザの言語設定が日本語だとアクセスできないので、英語にする必要がある。

続きを読む

インストールするのに、複雑な手順を踏む必要がある

Windows 7 explorer for Windows 8」というのがあるようだが、手順が面倒そうだ。

無料のスタートメニュー「Classic Shell」

その中でも取り分け、これらの問題を解決して無料で利用できるスタートメニューが「Classic Shell」。
このClassic Shellをインストールすることによって、従来通りのシャットダウンも可能になる。

Classic Shellのダウンロード

Classic Shellはオープンソースソフトウェアで日本語化されたものが電机本舗から再配布され、下記ページからダウンロードできる。
アクセスすると5秒後に自動でダウンロードが開始される。
http://www.dnki.co.jp/download/classicshell/download.html
今回ダウンロードしたのは、ヴァージョン3.6.4。

インストール手順

インストールの案内は英語で表記されているが、インストールが完了すれば普通に日本語で使える。

ダウンロードしてファイルを解凍したら「ClassicShellSetup.exe」をクリック。

Next

「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れて、「Next」

「Creat a start menu folder」のチェックはいれたままで、「Next」

「Install」、パソコンへの変更許可を聞かれるので「はい」

「View Readme File」は英語での案内があるので、チェックを外して「Finish」

Classic Shellの使い方

インストールが終わると貝殻アイコンのスタートメニューがあるのが分かる。

Classic Shellのメニューを見てみると、これまでのプログラムとWindowsストアアプリの2つに分類されていて、シャットダウンのメニューもあるのが分かる。
Classic Shellの使い方

スタート画面に戻るのはShift + Windowsキー

Windows 8でスタート画面に戻るにはWindowsキーがデフォルトだが、Classic Shellをインストールすると「Shift + Windows」キーにショートカットキーが変更される。

画面左下を「Shift + クリック」でスタート画面に戻ることも可能だ。

また、画面左下へマウスを持って行くと表示されるスタート画面への案内も下記のように、マウスを左下、上に動かすことで表示される。
スタート画面に戻るのはShift + Windowsキー

この動作は、下記のようにアクセスして変更することができる。
Classic Shell → プログラム → Classic Shell → Classicスタートメニューの設定 → 基本設定
「クラシックスタートメニュー」か、「Windows Start Screen」で選択ができる。
「クラシックスタートメニュー」か、「Windows Start Screen」で選択ができる

起動時のスタート画面をスキップ

デフォルトでは起動時のスタート画面をスキップできるように設定してある。
解除したい場合は、画面下部までスクロールさせて、「メトロスクリーンをスキップ」のチェックを外せばOKだ。
起動時のスタート画面をスキップ

スタートメニューのスキン変更

スタートメニューのスキン変更も可能だが、なぜかこのバージョンでは日本語が文字化けしている。
スタートメニューのスキン変更

貝殻のアイコンは変更も可能

「クラシックスタートメニューの設定」の画面下部にある、「フル設定」を選択するとさらに様々な設定が可能になり、貝殻のアイコンも変更することが可能で、自分で作成して使うことも出来る。
ここを参考にするといいだろう。
http://eeepc.dnki.co.jp/?eid=1106792
貝殻のアイコンは変更も可能

この「フル設定」では、他にもコンテキストメニューの設定や、スタートメニューのカスタマイズ、アニメーションなどを設定できるが、相当な項目があるため、今回はメインの気になる部分のみをピックアップだけにとどめた。

カテゴリ:Windows