テクノロジー・動画・写真・デザインとか

XMedia Recodeでエンコードできない場合の対処法

MOV、WMV、AVI、MP4ファイルなど多くのフォーマットに対応し、様々な音声ファイルや動画ファイルを別のフォーマットに変換できるXMedia Recode。

初めて使った時に、あれ?エンコードできないと思わずちょっと分かりづらいUIが原因だったりする。なので色々な原因と対処法を紹介。

目次

XMedia Recodeのエンコード手順

初めての場合は操作に戸惑うことがあるかもしれない。なので、手順を再度チェック。
①まずは、音声ファイルや動画ファイルをXMedia Recodeの画面にドラッグ&ドロップ。
②書き出しするファイルの選択をする。必要に応じて出力先を指定。
③そしたら画面上部の「リストに追加」というメニューをクリック。
XMedia Recodeのエンコード手順

リストに追加をクリックすると、ファイルリストの下にある「リスト」タブにファイルが追加され、「エンコード」のアイコンが押せるようになるので、クリックするとエンコードが開始される。この「リストに追加」してからエンコードっていうのが分かりづらいってことだなんだよね。
エンコード開始

最新のバージョンをインストールする

なぜか音声しかエンコードできない、1秒で再生が終わってしまうなど、古いバージョンだとバグなどでうまくできないなどの可能性もあるので、最新バージョンをインストールしてみよう。
XMedia Recode – Download

DVDがエンコードできない!?

コピープロテクトの掛かっているDVDは基本的にエンコードできないようになっている。家庭用のDVDをエンコードして楽しむぐらいの役割しかないと思うがそれの需要ってある?

ちなみに、DVDをISOファイルにしたものを直接放り込んでエンコードすることもできるようになっている。

他のツールを探してみる

ネットは常に進化し続ける。なのでも最新版を使っていてもファイルのフォーマットに対応していない事もあるかもしれない。その場合にはネットで他のツールを探してみるのも手。

関連記事

カテゴリ:ソフト・ツール