Amazon Hub ロッカーの使い方。設置場所や受け取りを方を詳しく解説。

Amazonで買い物をした場合、自宅での受け取りはもちろん、住所を指定した場所に配達してもらったり、コンビニなどで受け取ることもできるが、更にはAmazon Hub(ハブ) ロッカーを利用して受け取ることができるようになっている。

関連 Amazon コンビニでの受け取りのやり方

Amazon Hub ロッカーのメリット

Amazon Hub ロッカーは、コンビニや商業施設などに設けられたロッカーの中、またはカウンターに荷物を届けて保管してもらい、それを受け取る仕組みになっていて、下記のようなメリットがある。

  • ロッカー利用の場合には、対面で会話することもないので、個人名や住所などを知られることもなく荷物を受け取れる
  • コンビニなどの場合には24時間利用できるところであれば、好きな時間に受け取れる
  • 自宅だと置き配ができない場合に利用できる
  • 自宅だと受け取れる人がいない
  • 家族に見られたくない商品を購入したい場合に便利

デメリット・意外な弱点

ロッカーなので、利用制限も含めて記事執筆時点では下記のようなデメリットがある。

  • ロッカーの空きがない場合がある
  • 代金引換およびコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いは使えない
  • ロッカーが併設している商業施設が休みの場合は利用できない
  • 発送重量が4.5 kg未満の商品のみ
  • 寸法が42 x 32 x 25 cm未満の商品のみ
  • Amazon定期おトク便は利用できない
  • ロッカーの場合には預かり日が3日間なので人によっては短いかも
  • 都内のロッカーの設置場所がまだ少ない、カウンターが多い

受け取りできる時間

基本的には、ロッカーが併設されているコンビニ、商業施設の営業時間に依存するので、土日が休みの施設の場合には受け取れないので注意が必要だ。コンビニが手軽で便利だろう。

受け取り期限

受け取りの期限だが、下記のようなルールがあり、ロッカーの場合は意外と短いので気をつける必要がある。

  • ロッカーの受け取り期限は3日、カウンターの場合は7日
  • ロッカーやカウンターが利用できない日は加算されない。(例:土日は利用できないロッカーに荷物が金曜日に届いた場合は、火曜日まで受け取り可)
  • 保管期間を過ぎると、注文は返品されキャンセル扱いになる

色々な名前のロッカーがある

Amazon Hub ロッカーは、コンビニに設置されていることが多いが、ドラッグストア・ココカラファインに併設されているロッカーには、「きょういも、かつらうり、かんぱい、はなたば」など聞き慣れない変わった名前のロッカーがある。

スマホ/ロッカーの設置場所の検索

ロッカーは買い物の決済時に指定できるが、予め利用したいロッカーを探して登録することで決済時に選択するだけで指定して利用できる。

まずはスマホ用のiPhone用AmazonアプリAndroid用Amazonアプリでのやり方。

Amazon Hub ロッカー検索ページにアクセスすると、アプリを開くかと聞かれるのでAmazonアプリを開いてアクセスするか、下記の手順で検索ページにアクセスする。

アプリのホーム画面の中部ぐらいまで画面をスクロールすると、下記のようにハブロッカーの案内があるのでタップする。

「Amazon Hub ロッカー – ロッカー名」のように記載があるので、利用したいロッカー名を覚えておく。そしたら、ホーム画面に戻ろう。

スマホ/ロッカーの登録

ロッカーは買い物の決済時に指定追加できるが、予め登録することもできるので、まずはスマホ用Amazonアプリでのやり方。

ホーム画面を開くと画面上部に商品の届け先欄があるのでそれをタップ。

既に届け先住所を登録している場合には、場所を選択のメニュー一覧に表示されるので左にスワイプしてアドレス帳を管理をタップ。

次は、新しい受取スポットを追加するをタップする。

そしたら、検索欄に郵便番号や地域名を入力して候補を選択。或いは「現在地付近の検索」タップして位置情報から選択画面に移動する。

地図画面が開いたら、地図を動かしたり、ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小して受け取りたい場所を探して、①地図マーカーをタップし、②アドレス帳に追加をタップでロッカーを登録できる。なお、ロッカーによっては高い位置で手が届かない場合もあるので、車椅子のアイコンをタップして低い位置を指定して受け取ることもできるようになっている。

あとはいつものように買い物をしてレジに進む。

お届け先住所の選択画面に移動したら、追加登録したHubロッカーを選択して、「この住所に届ける」と進めて、いつものように決済すればOK。

PC/ロッカーの設置場所の検索

Amazon Hub ロッカー検索ページにアクセスして、都道府県から探す、または設置場所から探すの一覧の中から受け取りたいロッカーの場所を探す。

サンプルで「都道府県から探す」の「東京都」にアクセスして、新宿区内のHubロッカーを探してみたが、記事執筆時点では2つしかなく、あとはカウンターのみだった。今回はこれを受取場所として登録をしようと思う。「Amazon Hub ロッカー – ロッカー名」のように表記されているので、ロッカー名を覚えておこう。

PC/ロッカーの登録

利用したいロッカーを探したら、Amazon Hub ロッカー検索ページに戻って受取場所として登録作業を進めよう。

「住所・郵便番号・地図から受取スポットを選択する」をクリック。

そしたら、住所、郵便番号、地名などを入力して表示された候補を選択するか、「現在地付近の検索」をクリックして地図での検索画面に移動する。

後は先程探したロッカーの場所を地図上から探して、アドレス帳に追加をクリックすれば、買い物決済時の届け先住所として指定できるようになる。

ロッカーを指定する場合は、いつものように買い物をしてレジに進む

そしたら、お届け先の変更をクリック。

そしたら、追加したHubロッカーを選択してこの住所に発送をクリック。あとはいつものように買い物をすればOK。

受け取り方

ロッカーに荷物が配達されると、下記のようにバーコードと商品の認証キーが送られてくる。実際にはロッカーに備え付けられているバーコードリーダーにこのバーコードをかざすだけでロッカーが自動で開くようになっている。

実際のAmazon Hbu ロッカーはこのような青色になっていてすぐに分かる。モニターと赤いランプが付いているバーコードリーダー、キー入力タッチボタンがあり、モニターの上にはロッカー名が記載されている。

赤いランプが付いているのがバーコードリーダーで、これにスマホに届いたバーコードをかざす。

バーコードのスキャンが成功すると、個別ロッカーの扉が自動で開くようになっているので、荷物を取り出して扉を閉めれば受け取りは完了だ。

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonの大型年末セールブラックフライデーセールは、Amazonプライム会員になると2%のポイントアップ。

AmazonではAmazonギフト券チャージページにアクセスして、現金でチャージするとチャージ金額に応じて最大で2.5%のポイントが貰える。

チャージ方法、詳細については下記の記事を参照してもらえれば。

シェアする

カテゴリ:
Amazon