Amazon Pay(アマゾンペイ)での支払い方法・使い方

インターネットでのショッピングはAmazonをほとんど利用しているが、たまにAmazon以外でも利用することがある。その際に、気になるのが支払い決済だ。初めてのサイトで決済にクレジットカード登録をするのはセキュリティ的に躊躇することがある。

しかし、そのサイトでAmazon Pay(アマゾンペイ)が利用できるのであれば、利用するようにしている。

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、Amazon以外のショッピングサイトでAmazonに登録している住所と決済情報を利用して支払いができるAmazonのサービスだ。Amazonアカウントの持ってさえいれば利用できるようになっている。

これの何がいいかというと、初めて利用するサイトでもそのサイトが決済にAmazon Payが使えるのであれば、それを利用することでにクレジットカードを登録することなく、Amazonに登録している支払い方法で決済を済ませることができる。

クレジットカード情報がそのサイトに開示されることがないのでクレジットカード漏洩(ろうえい)リスクを低減できるというものだ。

また、Amazonに登録している住所を利用するので、入力の手間が省ける。

参照

Amazon Payでの支払い方法

ここでは、iPhoneのブラウザを使ってショッピングサイトでの手順を解説するが、利用するサイトによってはデザインの見た目などが異なるものの、AndroidなどのスマホやPCなどでの支払い方法の流れはほぼ一緒だと思ってもらえれば。

まずは利用したいサイトのショッピングサイトで支払い方法にAmazon Payを選択

するとAmazonへのログイン画面に移動するが、ここでは画面上部のアドレスバーのURLが「amazon.co.jp」となっているかを確認。なっていない場合は、いわゆるフィッシングと呼ばれる詐欺サイトなので、気をつけよう。URLを確認したらメールアドレスとパスワードを入力してログイン。

セキュリティ対策として登録しているメールアドレスに確認用のコードが送信されるので、メールを確認してコードを入力

Amazonに登録された支払い情報の利用と商品配送のための住所の提供案内が表示されるので、確認して「◯◯(自分の名前)として続行」を選択。

Amazonに登録されているアドレス帳を確認して、配送方法の選択へ進む。

続いては、支払い方法へ進む。

最後に支払い方法を確認して注文で完了。

Amazon Payでの不正利用があった場合

Amazon Payを利用してショッピングした場合にそのサイトでの不正利用があった場合は、異議申し立てがここからできるようになっているので、問題があった場合には利用するといいだろう。

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonの大型年末セールブラックフライデーセールは、Amazonプライム会員になると2%のポイントアップ。

AmazonではAmazonギフト券チャージページにアクセスして、現金でチャージするとチャージ金額に応じて最大で2.5%のポイントが貰える。

チャージ方法、詳細については下記の記事を参照してもらえれば。

シェアする

カテゴリ:
Amazon