テック・ガジェット・写真とか

Windows 11のメモ帳が使いにくい場合の対処法。戻す方がいい?

Windows 11では、様々な機能やソフトが新しくなったりしたが、メモ帳もその一つだ。

使い慣れてしまえば筆者的にはさほど使いづらいと感じないが、中にはこのメモ帳が使いづらいと感じる人もいるようだ。

ここでは、Windows 11のメモ帳が使いにくいと考えられる内容について代替案の使い方をピックアップしてみたいと思う。

メモ帳のタブを無効にする方法

テキストファイルを開く際に同じウィンドウ内にタブが開くというのが使いにくいという人は、テキストファイルをダブルクリックで開く際に新しいウィンドウで開くように設定を変更することができる。

Windows 11のメモ帳を開いたら、右上の設定アイコンをクリック。

Windows 11のメモ帳の設定を選択

「ファイルを開く方法」の設定のプルダウンメニューから新しいウィンドウで開くを選択。これでファイルをダブルクリックで開いた時に新しいウィンドウで開くようになる。

Windows 11のメモ帳のタブを無効にする

起動時の自動復元機能をオフにする

Windows 11ではメモ帳を起動すると前回に開いていいたタブの状態などを復元する機能が付いているが、これはWindowsが突然異常終了した場合には、元の状態に復元する機能で、個人的には初期設定をそのまま利用することをおすすめするが、嫌だという場合に復元を設定でオフにする方法。

Windows 11のメモ帳を開いたら、右上の設定アイコンをクリック。

Windows 11のメモ帳の設定を選択

設定画面に移動したら少しスクロールして、メモ帳起動時のプルダウンメニューをクリックして、新しいウィンドウを開くにチェックを入れる。これでOK。

Windows 11で自動復元機能をオフにする

メモ帳のショートカットキー

メモ帳の起動

メモ帳を起動する方法が色々とあると思うが、キーボードを使うなら英語入力モードで下記の順に行うのが一番早いかなと。

  1. Windowsのスタートキーを押す
  2. mを入力する
  3. エンターキーを押す

日本語入力モードでスタートメニューから「メモ帳」と入力&検索しても、起動できるがこの場合は入力回数が多くなったり、「メール」ソフトが候補が表示されることがある。なので英語入力モードにすることで入力回数を減らせる。

あるいは、日本語入力モードでも英数字を常に半角入力に設定することでも入力回数を減らせる。

関連 IMEで英数字を常に半角にする方法。Windows 11編

よく使うショートカットキー一覧

ショートカットキーの一覧をまとめてみた。タブ設定を無効にしている場合には若干挙動が異なる場合があるかと。

挙動ショートカットキー
新しいタブを開くCtrl + N
新しいウィンドウで開くCtrl + Shift + N
ファイルを開くCtrl + O
上書き保存Ctrl + S
名前を付けて保存Ctrl + Shift + S
印刷Ctrl + P
タブを閉じる(タブがない場合はウィンドウを閉じる)Ctrl + W
元に戻すCtrl + Z
上記の「元に戻す」対してのやり直しCtrl + Y
切り取りCtrl + X
コピーCtrl + C
貼り付けCtrl + V
すべて選択Ctrl + A
選択範囲をCopilotで調べるCtrl + E
検索Ctrl + F
次を検索F3
置換Ctrl + H
行を指定してそこに移動Ctrl + G
文字を大きくCtrl + プラスキー
文字を小さくCtrl + マイナスキー
ズームを既定の倍率に戻すCtrl + 0

ちなみにテキストを選択した状態でCtrl + Fのショートカットキーを使うとその選択したテキストを検索、同様にテキストを選択した状態でCtrl + Hをのショートカットキーを使うとその選択したテキストを置換できる。

Windows 11のメモ帳は戻す方がいい?

インターネット上では、Windows 11のメモ帳を以前の旧バージョンのメモ帳に戻すやり方を紹介している記事を見かけるが、はたして戻した方が良いのか、これについてまとめてみた。

他のアプリにも影響がある

以前のメモ帳に戻す場合、「Microsoft Store でアプリの自動更新をオフ」にする必要があるというやり方がインターネットの記事で見かけるが、これには注意をしたい事がある。

Windows Storeからインストールしたアプリは自動で更新されてアップデートが行われるのだが、アプリの自動更新をオフにするということはメモ帳単体の自動更新を停止するという意味ではなく、Windows Storeからインストールしたアプリ全体に対しての設定となる。

なので、例えばインストールしたアプリの新しい機能の追加やセキュリティ対策が必要なアプリが自動で更新アップデートできなくなり、自分で個別にチェックして更新アップデートをする必要がある。

当サイトでは様々なWindows 11の便利なソフトを紹介しているが、Microsoft Storeからインストールするアプリがわりと多く、今後も増えてくる可能性はあり、つまりはこれらのアプリが自動でアップデートしないのは不便だ。

なので、個人的には新しいメモ帳の使い方に慣れるのが一番かなと。

Copilotなどの新しい機能が使えなくなる

Windows 11の新しいメモ帳では、タブ機能やタブ自動復元機能、文字数のカウントなどの便利な機能も追加されているのだが、旧仕様のメモ帳に戻す場合はこれらが使えなくなるということになる。

新機能の中にはMicrosoftが提供するAI機能「Copilot」も使えなくなる。もちろんブラウザで利用すればいいのだろうが、これは便利さとのトレードオフとなる。

ざっとこんなところだが、それでもやはりシンプルな方がいいという人は旧仕様を使うといいだろう。

関連記事

Windows 11の使い方一覧を見る

右クリック関連

表示関連

アップデートや初期化関連

ソフト関連