テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Gmailのアドレス変更方法

Gmailを取得して使ってみたものの、ちょっとアドレスが気に入らなかったりなど、Gmailのアドレスを変更したいと思うことがあるかもしれない。

そんな時にどうやって変更するだろうとやり方を探している人もいると思うけど、結論から言うと、

送信するメールに表示される名前は変更できるけど、Gmailのアドレスは変更できない

ということになる。
そんなわけで、メアド変更ができないのでいくつかの代替案を紹介してみようと思う。

ドットを入れてみる

例えば、hoge@gmail.comというGmailのアドレスがあったとして、@よりも前のアカウント名「hoge」に「. (ドット)」を入れてみる。

こんな感じ。
h.o.g.e@gmail.com

実はドットを入れても、hoge@gmail.comとh.o.g.e@gmail.comは同じメアドで、どちらに送っても届くのだ。これで気持ちも新たに…、ん?これじゃダメ?次行ってみよう。

新しくGmailアカウントを取得して古いアカウントを削除する

手っ取り早いのはコレに尽きるだろう、新しくGmailアカウントを取得する。
メアドを変更できないけど、どうしても変更したい気持ちを抑えられないなら、現在使用しているGmailを放棄して作り直せばいい。

新しくGmailを追加作成するにはここにアクセス。
https://accounts.google.com/SignUp

既にGoogleアカウント作成している経験はあるはずだが、ちょっとうろ覚えな人はこちらを参考にしてもらえれば。
Gmail/Googleアカウントの作成方法

新しく作成したんで古いGoogleアカウントが不要という人は下記ページにアクセスし、ページ下部の「アカウントやサービスの削除」からアカウントを削除するといいだろう。
https://myaccount.google.com/
Googleアカウントの削除

続きを読む

複数のGmailアカウントを使う

Google Chromeブラウザを使用している場合には、複数のアカウントを追加して複数運用することもできる。
複数のアカウントで運用する場合も新しくGmailを追加作成するにはここにアクセス。
https://accounts.google.com/SignUp

アカウントを追加したら、Chromeブラウザのウィンドウかタブを新しく開いた状態の右上にあるアカウントアイコンをクリックで新しいアカウントを追加して運用することができる。
アカウントを追加する

古いアドレスは、メインのアドレスでは登録したくないサイトのユーザー登録専用のアカウントして活用するのもありだろう。

古いアドレスを新しいアドレスに転送して使う

そこそこに古いアドレスを使用していて、複数運用ではなく古いGmailを残しつつ新しく作ったGmailをメインで使用したい場合には、Gmailの転送機能を使うのも一つの手だ。

転送するには古いアドレスでログインした状態で、下記のページにアクセス。
https://mail.google.com/mail/u/0/#settings/fwdandpop

そしたら、「転送先アドレスを追加」を選択。
転送先アドレスを追加を選択

次は新しく作ったメアドを登録。
メアドを登録

登録が完了すると、新しいメールに転送の確認メールが届くのでリンク先URLにアクセス。

カテゴリ:Google