テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Amazonギフト券チャージタイプの入金方法。最大2.5%還元。

Amazonでは下記のように買い物時の支払い方法としていくつか用意されていて、利便性でいうとクレジットカードが一番だが、クレジットカードが使えない・使いたくないという人にはコンビニなどで手軽に買えるAmazonのギフト券の利用がお薦めだ。

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
  • 代金引換

関連 Amazonギフト券のコンビニでの購入方法・使い方

目次

チャージタイプとは?

Amazonギフト券には、Eメールタイプや商品券タイプなどの様々なタイプのものがあり、その中の一つに「チャージタイプ」というのがある。チャージタイプは、その名の通り電子マネーサービスのスイカなどのような感覚で金額をチャージしてAmazonサイトで利用できるものだ。

主な特徴は下記の通り。

  • クレジットカードを使わずに支払いできる (※)
  • クレジットカードでしか購入できない商品や、音楽や動画などのデジタルコンテンツなども買える (※)
  • 代金引換のような手数料が掛からない (※)
  • スマホやPCでチャージ申し込みして、コンビニで現金で支払える
  • チャージ可能金額:5,000円、20,000円、40,000円、90,000円、15~50万円の間で1円単位で金額を指定して購入できる
  • 1回のチャージが5,000円以上でポイント付与。プライム会員で最大2.5%
  • 有効期限:発行日から10年
  • コンビニ支払いの場合、最大で70分で利用可能に

(※)は、Amazonギフト券の基本的な利点。

付与されるポイント

チャージタイプの場合お得なこととして、現金で1回のチャージで5,000円以上で次回の買い物に利用できるポイントが付与され、さらにはAmazonプライム会員に入会している場合、最大で2.5%が付与されるようになっている。

1回のチャージ額通常会員プライム会員
90000円〜2.0%2.5%
40000円〜89999円1.5%2.0%
20000円〜39999円1.0%1.5%
5000円〜19999円0.5%1.0%

プライムセールなどでは、プライム会員だと下記のようにさらにポイントが高くなっている場合もあるのでチェックしておきたい。
Amazonギフト券チャージタイプにセール時に付与されるポイント

ポイントの付与時期

ポイントの付与時期だが、すぐに反映されるというわけではなく、毎月1日から末日までの対象注文分のポイントをまとめて翌月中旬に付与されるようになっている。

チャージのやり方

チャージのやり方は、基本的にiPhone用Amazonアプリでのやり方の紹介となるが、Androidアプリもほぼ同様の流れで、iPhoneやAndroid、PCのブラウザを使う人はAmazon.co.jp: アカウントにチャージのページにアクセスして、チャージ金額の選択の画像を参考にしながら進めてもらえれば。

それでは、アプリでの手順を見てみよう。
アプリを起動したら画面左上のメニューをタップ。
Amazonのメニューをタップ

表示されたサイドメニューの「アカウントサービス」を選択。
Amazonのアカウントサービスをタップ

「お支払い方法の管理」を選択。
Amazonのお支払い方法の管理を選択

次の画面では、クレジットカードを登録している人はクレジットカードの一覧がここに表示されているが、画面を一番下までスクロールして「ギフト券を購入」と選択。
Amazonギフト券を購入を選択

チャージ金額がいくつか表示されているので、その中から選択するか、入力欄に希望の金額を入力して「次へ」を選択。
Amazonギフト券のチャージ金額を選択

支払い方法の選択画面ではクレジットカードが登録されている場合にはそれらが表示されているが、クレジットカードの支払いではポイントが付与されないので、ここでは「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にチェックを入れて「次に進む」。
Amazonギフト券チャージをコンビニで支払う

内容に問題がなければ、「注文を確定する」を選択。
Amazonギフト券チャージ購入確認

注文が確定してしばらくするとメールが届くので、下記のように「お支払い別の手順」のURLのリンクを選択。なお、支払期限があるので、それまでに支払いをしておく必要がある。
メールに届いたAmazonギフト券の案内

画面が表示されたら、スクロールして「コンビニ」の一覧を選択。ここの操作ガイドへのアクセスは、上記のメールではなくアプリのサイドメニューの「注文履歴」からもアクセスできるようになっている。
コンビニ一覧を選択

自分が支払いたいコンビニを選択。個人的には、QRコードで簡単に手続きができる「ローソン、ミニストップ、セイコーマート」での手続きが簡単でお薦め。
ギフト券の支払いをするコンビニを選択

選択したコンビニでの支払い方法の手順が表示されているので、それを参考にしながらコンビニ設置のLoppiにQRコードをかざすと申込券が発券されて、それを持ってレジで支払いをするだけだ。QRコードが利用できない場合は、支払番号を入力しての発券、支払いとなる。サンプルでローソンを選択したが、ほかも同様の手順となる。
コンビニでQRを使って支払う

チャージが反映される時間

後は反映されるのを待つだけだけだが、レジでの入金が完了してから70分程で入金されたという内容のメールが届く。

反映されたかを確認する方法こちら。
Amazonギフト券の残高と有効期限を確認する方法【PC・スマホ】

キャンセル方法

基本的にチャージタイプにクレジットカードで入金した場合には返金されないが、コンビニでチャージ申し込みをした場合は、コンビニのレジで支払いをしない限りは放置していればキャンセル扱いとなる。

関連記事

カテゴリ:Amazonの使い方