Microsoft Teamsにメンバー・ゲストを招待する方法【PC・スマホ】

Microsoft Teamsで、メンバーやゲストを招待する方法や招待できる権限などについての解説をまとめてみた。なお、ここで紹介するやり方はMicrosoft Teamsの無料版のやり方となる。

有料版の追加方法はこちら。
有料版のMicrosoft Teamsでユーザー・ゲストを追加する方法

チームに招待できる権限

チームに招待できる権限は、そのチームを最初に作成した人か、他のユーザーをチームに招待した時にチームの所有者権限の付与をしたユーザーに限られる。

なので、チーム作成者以外の人に招待権限を付与したい場合には予めチームの管理メニューからメンバーの所有者権限を設定する必要がある。

招待時のメンバーとゲスト

Microsoft Teamsでは、チームに初めてメールアドレスで招待する際にそのユーザーのアクセス権限としてメンバー、あるいはゲストとして招待設定ができるようになっている。

  • メンバー
    招待した人と同じ組織に所属する。企業なら社員。
  • ゲスト
    特定の機能が制限された状態での使用となる。企業なら外部のパートナーやクライアント等

Microsoft Teamsの構造は下記のようになっており、組織をまたいでチームにメンバーやゲストを招待できるようになっており、「メンバー」としてチームに招待した場合には、そのユーザーは自動でその組織に所属することになる。

下記例のようにゲストは特定の機能が使えない制限がある。

  • チャットファイルを共有できない
  • アプリ (タブ、ボット、コネクタ) を追加できない
  • 会議を作成またはスケジュールにアクセスできない
  • OneDrive for Business ストレージにアクセスできない
  • チームを作成できない
  • パブリック(公開)チームを検索して参加できない
  • 組織図を表示できない
  • インライン翻訳を使用できない
  • チーム所有者になれない

詳細は、公式サイトを。チーム メンバーとゲスト機能の比較

なお、複数の組織に所属している場合には、招待しようとしている組織に間違いがないか、確認をしておきたい。確認方法はこちら。

【PC】チームに招待する方法

招待したいチーム名の右横にあるオプションメニューをクリック。

オプションメニューを開いたら、メンバーを追加を選択。

既に組織にメンバーがいる場合には追加したい人の名前を検索することができるが、初めての場合は、基本的にメールアドレスを入力して招待することになるので、チームに招待したい人のメールアドレスを入力し、「メンバー」か「ゲスト」を選択する。

後は、必要に応じてさらにユーザーを招待追加したい場合には、同様の手順を繰り返し、終わったら追加をクリック。

メンバーとしてユーザーを追加した場合は、さらにメンバーに対してチームの権限者を付与できる。プルダウンメニューから変更することができ、所有者に設定するとそのユーザーはチームに他のメンバーを追加することができるようになる。終わったら閉じるで完了。

【PC】招待リンクで組織に一括招待する方法

上記の方法は、一人ずつのメールアドレスを入力する必要があるので、大量の人数がいる場合には手間がかかる。なので、組織への招待リンクから申請して貰って承認する形で行うともっと楽になる。

組織への招待リンクを取得

左のサイドメニューのチームを選択し、パネルのユーザーを招待を選択。

この画面が表示されたら、リンクのコピーをクリック。リンクをコピーしたら、そのリンクを一括送信できるメールなどで送信して共有する。

リンクを受け取った人

リンクを受けたった人はURLにアクセスすると、こんな感じの名前メールアドレスを入力する画面が表示されるので、入力してリクエストを送信する。

リクエストの承認

リクエストの承認は、左のサイドメニューのチームを選択し、パネルのユーザーを招待を選択。

表示されたメニューの保留中のリクエストを選択。

参加リクエストの一覧が表示されるので、個別に承認するか「すべて承認」で一括承認をすればOK。承認が完了するとリクエストした人にメールが届くので、そのリンクにアクセスしてログインすればOK。

【スマホ】チームに招待する方法

メンバーを招待したいチームの右端にあるオプションメニューをタップ。

オプションメニューが開いたらメンバーを管理を選択。

メンバー一覧が表示されるので、右上のメンバー追加アイコンをタップ。

組織にメンバーいる場合は名前を入力すれば候補が表示され、組織に初めて追加する場合にはメールアドレスを入力して追加する。すると、「メンバー」または「ゲスト」として選べるので、どちらかを選択。

さらに追加したい場合は同様の手順を繰り返し、終わったら完了をタップ。これで追加作業は完了してメンバー一覧画面に戻る。

メンバーを追加した場合は、さらにメンバーに対してチームの所有者の権限を付与できる。所有者に設定するとそのユーザーはチームに他のメンバーを追加することができるようになるので、必要に応じて権限の付与を。

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:
Microsoft Teams