Web・ガジェット・写真とか

GoogleマイマップのインポートでCSVやスプレッドシートを利用する方法

Googleマイマップの作り方。スマホ、パソコンでの作成方法から、さらにもう少し突っ込んだ使い方として、予めCSV、エクセル、Googleスプレッドシートなどで作成したデータをインポートすることで簡単に一括登録ができるようになっている。そのやり方の紹介。

ちなみに、住所がわかっていてスマホで作成する場合には、手作業で行うよりもこちらの方が断然作りやすい。

マイマップのインポート形式

マイマップでインポートできるフォーマット形式は以下の通りだが、よく使うものとしてはエクセルのXLSX、CSVファイル、Googleスプレッドシートなどがある。

  • CSV
  • TSV
  • KML
  • KMZ
  • GPX
  • XLSX(エクセル)
  • Google スプレッドシート(お薦め)
  • Google ドライブまたは Google フォトに保存された写真

インポートデータの作成方法

実際のデータの作り方だが、下記のように1と2のデータが必須で後は任意となる。行数は2000以下にしておく必要がある。

  1. 場所などが分かる「地名や店名」/必須
  2. 「住所(緯度経度でも可)」/必須
  3. 電話番号/任意
  4. 営業時間/任意
  5. WebサイトのURL/任意
  6. メモ/任意

下図はデータサンプル

マイマップインポート用スプレッドシート

今回は一番手軽なデータ作成、インポート方法としてGoogleのスプレッドシートを使う前提で手順を紹介したいと思う。スプレッドシートのサンプルデータを作ってみたので、それをコピーして試してもらえれば。

スマホでのコピー手順

いずれもスプレッドシートのアプリを先にインストール。

iPhone用Googleスプレッドシートアプリ

Android用Googleスプレッドシートアプリ

アプリをインストールしたら下記のURLにアクセスするとアプリが起動するのでデータをコピーして使うか手直しすることですぐに試せる。

  1. スプレッドシートのサンプルデータにアクセス
    アクセス後に編集権限をリクエストせずに2番目以降の手順で自分のスプレッドシートにコピーを
  2. スプレッドシートアプリが起動したら右上のをタップ
  3. 共有とエクスポートを選択
  4. コピーを作成でデータをコピーして試すか、修正して利用する
  5. スマホ/マイマップにインポートの手順でインポートする

PCでのコピー手順

  1. SafariやChromeなどのブラウザでスプレッドシートのサンプルデータにアクセス
    アクセス後に編集権限をリクエストせずに2番目以降の手順で自分のスプレッドシートにコピーを
  2. 左上のファイルをクリック
  3. コピーを作成でデータをコピーして試すか、修正して利用する
  4. PC/パソコンでマイマップにインポートの手順でインポートする

スマホ/マイマップにインポート

まずは、SafariやChromeなどのブラウザで下記のURLにGoogleアカウントでアクセス。
https://mymaps.google.com/

アクセスしたら、画面右下の + をタップして新規作成。

スマホマイマップで新規作成

続いては画面左上の凡例をタップ。

スマホのマイマップで凡例をタップ

今度はインポートをタップ。

スマホマイマップでインポート選択

メニューが開いたらその他Googleドライブと選択。

スマホマイマップでGoogleドライブ選択

下記の手順で作成したスプレッドシートを選択。

  1. 「マイドライブ」で、保存したスプレッドシートのタイトルを検索
  2. 該当ファイルをタップ
  3. 最後に選択をタップ
スマホのマイマップのインポート

目印として住所を選択して、続行をタップ。

スマホマイマップで住所選択

マーカーは店名を選択して完了

スマホマイマップで店名を選択

インポートが完了すると分かりづらいかもしれないが、マーカーが追加されている。マーカーの色や種類は「凡例」から変更を。また、実際に利用する場合はGoogleマップアプリの「保存」、「マイマップ」から閲覧した方がさくさく動く。

スマホマイマップでインポート完了した状態

PC/パソコンでマイマップにインポート

まずは、マイマップのページにアクセスして、新規にマイマップを作成する。
https://www.google.com/mymaps/

新規にマイマップを作成すると、下記のようにレイヤタイトルの下にインポートがあるのでクリックする。インポートをやり直したい場合は、のサブメニューから一旦、レイヤを削除して再度「レイヤを追加」すればOK。

インポートを選択

CSV、XLSXなどのファイルがある場合にはドラッグ&ドロップだが、今回はGoogleスプレッドシートを使用するので、「Googleドライブ」を選択。

Googleドライブを選択

次に、ファイル名などを検索していインポートするスプレッドシートを選択。

インポートするスプレッドシートを選択

無事にデータをインポートできたら、「目印を配置する列の選択」の案内が表示されるので、地図マーカーの場所を示す「住所」を選択。

地図マーカーの住所

「続行」をクリックすると、続いては地図マーカーに使用するタイトルを選択。ここは「店名」を選んで終了だ。

地図マーカータイトルの選択

そうするとデータがインポートされて複数のマーカーが一度に作成されたことが分かる。マーカーをクリックするとスプレッドシートに記載した「住所、電話、営業時間、Webサイト、メモ」もばっちりと表示されている。うん、便利だね。

マイマップにスプレッドシートのインポート完了

インポートできない場合の対処法

データのインポートは、既に作成したレイヤに地図マーカーを追加している場合やインポート済みの場合にはデータをインポートできないので、一旦、レイヤを削除してから再度レイヤを追加するといいだろう。データを修正、更新、再編集したい場合も同様の手順となる。

マイマップをインポートできない

エラーがでる場合

よくあるエラーとしては、行や列が微妙にずれているなどが考えられる。それでもエラーが出る場合は、一部だけをコピーして少量のデータで試して徐々に増やすなどの対応をしてみるといいだろう。

GoogleマイマップのCSVに関連する記事