テクノロジー・動画・写真・デザインとか

【Googleマップ】マイマップにCSVやスプレッドシートをインポートする方法

Googleマップでマイマップを作成して共有する方法から、さらにもう少し突っ込んだ使い方の紹介。

目次

データの作成方法

マイマップは、CSVファイルやGoogleスプレッドシートなどで一括登録することもでき、「タイ料理」、「ラーメン」、「カレー料理」などのデータがあればグルメのマップリストが楽に作成できる。

対応しているフォーマットは以下の通りだが、よく使うものとしてはエクセルのXLSX、CSVファイル、Googleスプレッドシートなどだろうが、今回はGoogleスプレッドシートを使ってのインポートを行おうと思う。

  • CSV
  • TSV
  • KML
  • KMZ
  • GPX
  • XLSX
  • Google スプレッドシート
  • Google ドライブまたは Google フォトに保存された写真

下記はGoogleスプレッドシートで作成したものだが、場所などが分かる「地名や店名」、そして「住所(緯度経度でも可)」が最低限必要だ。必要に応じてWebサイトのURLやメモを入れておくと共有する場合には、凄く分かりやすい。また、行数は2000以下にしておく必要がある。
マイマップインポート用スプレッドシート

データのインポート

データのインポートは、既に作成したレイヤに地図マーカーを追加している場合には追加できないので、作成時に「インポート」を選択するか、新たに「レイヤを追加」して「インポート」する必要がある。またインポートできるのは1回だけなので、失敗したらレイヤを再度新規作成する必要がある。

まずはマイマップ上で「インポート」を選択。
インポートを選択

CSV、XLSXなどのファイルがある場合にはドラッグ&ドロップだが、今回はGoogleスプレッドシートを使用するので、「Googleドライブ」を選択。
Googleドライブを選択

次に、ファイル名などを検索していインポートするスプレッドシートを選択。
インポートするスプレッドシートを選択

無事にデータをインポートできたら、「目印を配置する列の選択」の案内が表示されるので、地図マーカーの場所を示す「住所」を選択。
地図マーカーの住所

「続行」をクリックすると、続いては地図マーカーに使用するタイトルを選択。
ここは「店名」を選んで終了だ。
地図マーカータイトルの選択

そうするとデータがインポートされて複数のマーカーが一度に作成されたことが分かる。
マーカーをクリックするとスプレッドシートに記載した「住所、電話、営業時間、Webサイト、メモ」もばっちりと表示されている。
うん、便利だね。
マイマップにスプレッドシートのインポート完了

カテゴリ:Google