WordPressでGmailが遅延する、届かない場合の対処法

WordPressでお問い合わせフォームにコンタクフォーム7を使っている人も多いと思うけど、引っ越ししたサーバーで設定したら、なぜかGmailが届かない、遅延するという現象に見舞われた。ネットで検索するとWP Mail SMTPというプラグイン入れれば対処できるとトライするも、下記のようなエラーが出て送信できない。

There was a problem while sending the test email.

そんなわけで対処法。

シェアする

目次

WP Mail SMTPのプラグインをインストール

WordPressの管理画面で、下記の手順でWP Mail SMTPのプラグインをインストールして有効化。

  1. WordPressの管理画面でプラグイン新規追加とアクセス
  2. 検索欄でWP Mail SMTPを検索し、インストールして有効化

WP Mail SMTPの設定を行う

プラグインを有効化したら、WP Mail SMTPの設定画面にアクセスして下記項目をチェックする。

  • 送信元アドレスを返信先 (return-path) として設定にチェックを入れる
  • メーラーはGmailを選択

Gmail APIのセットアップ

続いては、Gmailの認証情報を登録する必要があるので、一旦、下記のGoogle APIsの登録画面にアクセス。
https://console.developers.google.com/flows/enableapi?apiid=gmail&pli=1

初めての場合には、利用規約にチェックを入れて、同意して続行をクリックしてAPIを有効にする。

認証情報に進むをクリックして次に進む。

次のステップ、OAuth同意画面の設定認証情報の追加は状況によって前後するかもしれないが、左サイドメニューからアクセスして設定すればOK。

OAuth同意画面の設定

OAuth同意画面の設定画面が表示されたら、同意画面を設定をクリック。この画面が表示されない場合は、左のサイドメニューの「OAuth」をクリック。

OAuth同意画面の設定画面では、外部を選択して、作成をクリック。

次は、同意画面の設定内容の入力。サンプルのようにアプリケーション名を入力。

画面をスクロールしてサンプルのように、サイトの情報を追加。自分が確認するための画面なので、プライバシーや利用規約のページは特に必要ない。

認証情報の追加

今度は、認証情報の追加。

プロジェクトへの認証情報の追加画面で、Gmail APIウェブサーバーユーザーデータを選択した状態で、必要な認証情報をクリック。

そしたら、一旦、WordPressの管理画面に戻ってWP Mail SMTPの設定画面でAuthorized redirect URIのURLをコピーする。

再度Google APIの画面に戻って自分のサイトのURLとコピーした「Authorized redirect URIのURL」を貼り付ける。そしたら、OAuthクライアントIDを作成をクリック。

そしたら、完了する。

クライアントIDとクシークレットの入力

作成したウェブクライアントを選択。

そしたら、クライアントIDクライアントシークレットをコピー。

コピーしたクライアントIDとクライアントシークレットを貼り付けて、Save Settingsで保存。

認証

上記の手順で保存が完了するとAllow Plugin to send emails using your Google accountという項目が表示されるので、クリック。

アクセスすると、「このアプリは確認されていません」と注意が表示されるが、左下の詳細をクリックして、安全ではないページに移動を選択。

移動したら、認証するGoogleアカウントを選択

すると権限の付与を求められるので許可をクリック。

アクセス許可の確認画面が表示されるので、許可する。

これで一通りの設定は終わったので後は、実際にコンタクフォーム7での送信テスト。

フォローする
カテゴリ:WordPress